母親途上

興味のあることは何でもやってみたい大人途上な私が母親になりました。
永遠発展途上な私の海外生活日記

本当にあった銃のアクシデント

2016-10-12 | アメリカ生活
月に一回ポットラックで集まるメンバーの中には元警官と退役軍人がいて、南部ということもあり、銃を持つのは結構一般的なサウスカロライナ州の土地柄もあり、普通に彼らが護身用の銃を持っていて、中には24時間携帯している人もいることを知りました。

一番最初銃携帯の話を知った時には、
「もしも間違って銃の事故になったらどうするの?」

と思い、カルチャーショックで恐怖に震えました。

それからポットラックに行くのが少し怖くなり、でもみんな会うととても良い人だし、銃を持っていないと安心出来ないと思っていることを可哀想にさえ思えてきた矢先でした。

元NYの警察官で射撃にも連れて行ってくれた友達が仕事中にトイレでポケットに入れていた自分の銃で自分の足をアクシデントで射ってしまい昨日病院に運ばれました

8歳の頃から銃を持っていて、こうして(ポケットに入れて)銃を携帯していないと不快、とまで言っていて、でも今は家族をリスクに晒したくないから危ない仕事を辞めて全米展開のチキンサンド、chick -fil-Aでキッチンマネージャーをしているんだと言っていた彼…。


全然あかんやーん!!

やっぱり銃はあかんやーん!!


自分自身の怪我ならまだしも、それが他の人に当たってたらどうするの?

怖い〜!
自然災害も怖いけど、やっぱり人間が一番怖いかもしれない…。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだまだ完全復活には遠く | トップ | ジャネット・ジャクソン ご懐妊♡ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL