なんとなく

日常の思うところを綴っております

昔の思い出

2017-04-29 | 日記
ブログの更新をしないと、と気になっていたのですが、長い間ご無沙汰をしてしまいました。

丘陵地帯にある淡い緑をつけた木々が、日本人のあいまいさを表すかのようで、またこの季節がやってきたのだとしみじみとした気持ちになりました。
この緑は、亡くなった祖母が好きだった色だからです。
祖母との間で後悔することは、もっとその時代のことを、戦時中の話などを含めて直に聞いておけばよかったということです。

そんな後悔を塗り替えてくれるようなことが実現するとは、本当にありがたいことです。
北朝鮮のミサイル問題に関連して、避難場所についての話になり、戦時中の防空壕については今の意見よりも私の方が詳しいのだと、防空壕を掘った話になり、それが空襲時に間にあわず、完成した隣家は防空壕の中で皆亡くなってしまったのだという周知の話でも、改めて体験談として伺うと、有事の際の予想不可能な出来事を身近に感じさせられます。

国際政治学者の緒方貞子氏が学生時代に、当時で最初の政治学の講義をなさり、興味本位で聴講に行ったこと、美智子様が寮生活において皆のおやつの買出しに行ってくださったこと、渡辺和子氏は雙葉の頃から同窓だったこと、高木仙右衛門(浦上四番崩れの中心人物)と曾孫さんのこと(曾孫さんは私が一時期お世話になった方)杉原千畝氏のこと等々、興味の尽きない話を目前の人と一緒に追体験するように毎回聞かせていただいております。

多少記憶がおぼつかなく、この間も日本料理屋さんで食べている最中に、パスタを食べに行くって言わなかった?と言われ、ちゃんとメールで連絡していることですし、パスタ屋なんて一言もいっていないのにな、なんてこともあります。

まだ生まれたての父を背負って東京の空襲下を懸命に逃れ走るたくましい祖母の若かりし姿が一層鮮明になった気がいたしました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び「沈黙」について | トップ | 安全が危ない »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。