Life Size

名古屋在住50代 定年までしつこく働こうと決意したオバハンの適当な日常です。

髪にツヤが!

2016-10-16 00:47:27 | Diary
ずーっと以前の記事で紹介したこちら

2011年7月の『花王セグレタ 地肌マッサージャーの威力』って記事で紹介してます。


当時張り切ってお風呂でシャンプーする度、グリグリ~とやってたっぽい私。
(記事で確認しました)
例によってすぐに飽きる&継続率の低いったらない私のこと。
お風呂の中の棚の一番上に置きっぱなしのまま放置状態だったんですがね?
10日ほど前からこれ使ってシャンプーしてるんですよ。

したらね?
なんと、
「あら・・?あらら?なんで?なんだか髪がツヤーっとしてない??え?え?え?してるよね?ツヤ感が超アップしてない?」
って状態になってきまして。


そもそもこちらのマッサージャー
シャンプーブラシではないので、本来の使用法とは異なるんですけどね。
(リンスしてからグリグリっと頭皮を刺激してね くらいの使い方らしい)

なんでこれ使ってシャンプーを・・・って話なんですが、アチコチ移動しまくった挙句、前々回の美容室に出戻ってるんですが、そこのお店はシャンプーは二度洗いがお約束。
んでもって、二度目のシャンプーは専用ブラシでゴッシゴシと洗ってくれるんですよ。

その力加減が(さすがプロ)非常に気持いいわけなんですが・・・ま、それは良いとして。

担当の女性美容師さんに
「年齢的なもんだと思うんだけどさぁ~髪のツヤもなくなってきたし、なんだかウネウネしてて、雨降ったり湿度が高いとすぐに影響受けちゃうし・・・ほんと嫌なんだよねぇ」
みたいな愚痴をこぼした所、
「年齢的なこともないとはいえませんけど・・・髪のツヤってホントに個人差なんですよ。皆さんがウネウネしてツヤがなくなるわけじゃないんですよ。ちゃんとお手入れしてる人はずっとツヤツヤですよ」
と、ショックなのか、希望が持てる話なのかよくわかんないご意見を頂きまして(笑)

あーーー そーーか!
聖子ちゃんとかめっちゃツヤッツヤの髪だわ。
真矢みきとか、高島礼子とか むっちゃくちゃツヤツヤだわ。
なんでなんで?

年齢的に白髪は当然あるだろうから白髪染めは必須。
芸能人はきっと2週間に一度くらいの割合でカラーリングしてるんだろうから、私よりもカラーの頻度は高いから髪は痛むはずじゃん?
なんであんなつやがあるんだろう?

すると担当のお姉さん。
「毎回ヘッドスパやってると思いますよ」

なに?ヘッドスパ!? ほっほー効果あるのか?

「すっごいあります。結局、頭皮の血行と毛穴のつまりなんですよ」

へーーーー そーーなの?

「はい。ウチのシャンプー二度目はブラシ使うじゃないですかぁ。あれって毛穴の細かい汚れを落としてるんです。でもって、ブラシでゴシゴシやると頭皮の血行も良くなるんですよ。まぁ、ヘッドスパほどの効果はないですけどね(笑)」

毛穴の汚れをキレイに落とし、頭皮に刺激を与えることで血行も良くなるので、健やかな髪が育つんだとか。
(つまり、髪がまっすぐに毛穴から出るってことね)

話長くなりましたが、その言葉を聞き、家の風呂場に放置状態のセグレタのマッサージャーを思い出したと。
おっしゃーー あれ使って髪を洗おう!となりまして。

いつものルーティーンに『マッサージャー使って洗う』ってのが加わっただけなんですが、一昨日くらいから髪にツヤが戻ってきました。
触った感じも明らかに違うのです。
サラサラ~って感じです。

以下 私のルーティーンです。
1.シャンプー前にシャワーでざっくりと汚れを落とす
2.セグレタのマッサージャーを使ってシャンプー
3.コンディショナー
4.タオルドライ
5.ナノケアのドライヤーで8割乾かす
6.ロクシタンのヘアミストをシュシュッと全体に吹きかける
7.ナノケアのドライヤーでブロー

ちなみにシャンプーとコンディショナーは コチラを使ってます。
ディアボーテ オイルインシャンプー
HIMAWARI


余談ですが、このHIMAWARI
この価格帯では非常に優秀なシャンプー/コンディショナーだと思います。

メイクにいくら気を使っても髪にツヤがないと老けて見えるじゃないっすかぁ。
ツヤッツヤの髪に戻りたいわぁ~
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネイル | TOP | 初めてのリーディンググラス »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。