晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

希望

2017年06月28日 | 日記


千歳山の松枯れは一向に止まらない。80年も100年も経たような大木が、枯れていくのは、梢からたちまちのうちに枯れていく。麓から眺めただけで、あそこにも、ここにもと痛々しい枯れ枝を目にする。一方で、山の松を甦らそうする地域の人々の努力も見逃せない。登山道の脇には、苗から育ち始めた、松の幼木が元気な姿を見せている。木の生長は、10年単位という長いスパンで見ないと、その全容をみることはできない。もう、私などの寿命が尽きている30年後、50年後になって、これらの幼木が大木になる。そこに微かな希望を感じる。

木には、寿命というものがないという話を聞いたことがある。環境さえ樹に適していれば、1000年でも生き続ける。松枯れの原因は、マツノザイセンチュウという害虫であるらしい。しかし、全部の松がこの害虫にやられてしまうわけではない。幼木のたくましい成長力は、このような害虫を寄せつけない。成長の止まった老木から害虫被害に会うような気がする。下草を刈り、枯れ枝を集めて、燃料とした時代には、松林の環境を人間が守ってきた。人が山に入らなくなったことと、松枯れには関係があるであろう。千歳山に松茸狩に行ったという話は、もう遠い過去のことになった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勇気をくれる言葉

2017年06月27日 | 日記


炎天下の除草作業はつらい。それでも、この作業をしなければ、野菜の収穫はおぼつかない。高濱虚子の句に

汗をもてするよりほかはなかりけり

というのがある。汗と言えば、先日の蒜場山では、タオルが重くなるほどの汗と格闘した。家に帰って、手塚富雄のゲーテの箴言集を題材にしたエセーを手にした。ゲーテほど老年に厳しい言葉を発した人を知らない。

君の頭と心のなかが
きりきり舞いをしているなら
それは何よりめでたい話、
恋にも迷いにも縁の切れた人間は
墓に埋められてしまうがよい。

老年に安逸で、心配のない時間を与えるのをよしとする、今日の日本の風潮とは全く違う考え方をしていた。老年になってなお、苦しみ悩み、我慢をしながら、為すべきことに挑む人間であるべき。それが、ゲーテの考えであった。「箴言と省察」にある言葉こそ、私に勇気を与えてくれる。

我慢づよさを実証しなければならぬ者は誰か。大きい行為をしようとする者、山を登る者、魚を釣る者。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道の旅

2017年06月26日 | 旅行


生き残った兄弟3人が、北海道の温泉を訪ねる旅をすることになった。温泉は札幌郊外の定山渓。姉が90歳、兄が85歳ということだから、この旅が最後となるかも知れない。北海道に生れていながら、この温泉に行くのは初めてのことである。最初が登別、次が層雲峡、そして定山渓ときて、甥、姪の世話で、3人の温泉の旅は完結することになる。

この温泉は、明治新政府と仏教徒の因縁が、この温泉の由来に関係している。神道に重きを置いた明治政府は、仏教徒に冷たくあたった。東本願寺の現如上人が北陸や東北の信徒に、渡道を呼びかける歌を作った。

トーサン カーサン
ユカシャンセ
ウマイ肴モ胆斗アル
オイシイ酒モ旦トアル
エゾ エゾ エゾ エゾ
エイジャナイカ

北海道の開拓に協力した東本願寺だけは、布教が許され、定山渓から札幌への道は長く本願寺街道と呼ばれた。我が家の家系も、明治政府が募った屯田兵として渡道している。厳しい気象条件下で、原始林を切り開くのに、渡道を奨励するには、北の大地を別天地のようなイメージを作りだす必要があった。平成の長高齢者3人旅は、この温泉郷に別天地を見ることができるか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒜場山

2017年06月25日 | 登山


6月24日、好天に恵まれて、新潟県新発田市の加治川ダム上流にある蒜場山に登ってきた。いや登ったというべきではない。頂上のへの登山道が見える、烏帽子岩(1030m)の地点で登頂を断念、下山した。頂上まで、標高差で300m、1時間の地点であったが、チームには余力のある人、いっぱいの人が混じっていたが、全体を見渡したリーダーの決断であった。自分についていえば、体力を90%使い、果たして帰路の安全が確保できるか不安な状況であった。事前の情報で厳しい山行は覚悟していたが、事前の準備がいかに甘いものであったかを思い知らされた。本日の参加者7名、内女性3名。年間計画では、どの山もこなせる力を持つ人ばかりであった。



烏帽子岩の頂上からは、残りわずかな、登山道が見えている。あと千歳山一つの登りで、登頂に成功できることが期待できる気力がかすかではあるが湧いてきた。家に帰ってカメラのショット数を見ると27、いかに余力のない山行であったがこの一事でもわかる。レンズを谷側に向けると、どこまでも深くえぐられた渓谷にはわずかに積雪を残し、どこまでも深い谷だ。目測でざっと700mはあるはずだ。天気は幸運にも晴れだが、標高の低い新潟の山では、標高1000mでも暑く、冷風もめったに吹かない。急勾配の登り道に加え、とめどない汗が体力を否応なしに奪っていく。しかし、チームの結束力は強く、笑い声をあげながら、忍耐強く上を目指して頑張る。

途中で会った地元の登山者たちのフレンドリーな応対にも癒される。72、73の初老の二人が軽い身のこなしで、追い抜いていった。彼らが休んでいるところで追いつくと、日常の登山体験や新潟の山の見どころを教えてくれる。カットして冷やしたメロンを全員にふるまってくれた。
ヤマレコの登山情報を見ると、すでに6月23日の記録がアップされたいた。それによると、登りの標準タイムが5時間。若く登山に馴れている人にも、この山が難敵であることが了解できる。



登山を開始して3時間に近づいたころ、烏帽子岩のどっしりとした雄姿が目に飛び込んくる。この山行で初めて現れる鎖場だ。ヤマレコにあるような錆は目立たなかったが、急な登りを細心の注意を払ってその頂きに立つ。ここに来て、頂上への登山道がその姿を見せる。その先に構えているのは、山伏峰である。岩の上で話し込んだ二人組が、「じゃあ、頂上で待ったいるよ」と言って、頂上目指して登っていった。今年の山行のなかで、一番の難コースであるのは間違いない。

烏帽子岩への途中下山してくる人たちに逢ったが、3組ほどが烏帽子から引き返し、元気そうな若者も、「へとへとですよ」という言葉を吐く。こんな、状況もここで断念する引き金になったように思う。予想を上回る急な登り、汗が止まらないような暑さ、下山して冷静に判断すると、この決断は正解であったような気がする。蒜場山はかって鉱山で、採掘のレールが引かれ、この山に働く人たち入山したことは間違いない。だが、「米平新道」として登山道が作られたのは、加治川ダムができた後のことである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍛える

2017年06月23日 | 日記


久しぶりに千歳山に登る。足の筋肉の衰えを防ぐことを目的にしている。あわよくば、この季節登山道で出会うヒメサユリを期待したが、残念ながらもう花が終わったのか、ひとつも見つけることができなかった。多分、半年以上も行ってないのだろうが、いつも出会う顔ぶれは同じであった。20人ほど会ったうち、半数が顔なじみの人たちである。自分とは違って、毎日登っている人たちだろう。その歩き方、目の光、笑顔など、随分以前に比べても変わりがない。これだけで山歩きを継続すれば、若さを保つことができる証しとなるだろう。

人は足から衰えると言われている。それ以前にあるのが心の問題である。昨年は散歩の延長に、千歳山を登ることは意識せずに登っていたが、もう今年は心を強く持たなければ、ただの散歩に終わってしまう。心のどこかに、きついことはやりたくない、という気持ちが住み着いている。結果として足が衰え、次第に山登りというきつい行為から遠ざかりつつある。「筋肉に引退なし」と、中高年からの筋肉生活を勧めているのは、理学療法士の田中尚喜さんである。70代になると、アイソメトリックのメニューを勧めている。

例えば、指を組んで左右に引っ張る運動、揺れる電車のなかで足を踏ん張る動き、など筋肉の長さを変えない筋肉収縮させる動作を紹介している。関節への過度なストレスを回避することで、膝の関節痛を起きにくくする。7月には、白馬三山への山行を計画している。この先何年、若い人たちに混じって山歩きが続けられるか。先のことはともかく、目先の計画を一つ一つこなしていくことを続ける。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加