晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

鉄線

2017年05月17日 | 


鉄線は中国から渡来した花だが、江戸の町にすっかり定着した。どの家のでも、鉄線の蔓が垣根を覆い隠すように伸びて花を咲かせいた。その様子を屏風絵に描いて、室内で楽しむのも江戸の趣味であった。正岡子規も病床に臥して、鉢植えの鉄線の花を眺めながら、気を癒す毎日であった。

照りはゆる牡丹の花のかたはらにあはれに見ゆる鉄線の花 子規

妻の母の介護を担当していたケアマネは、スマホで庭の写真を撮るのを趣味としていた。老人のいる家の庭には、初夏にツツジやシャクヤク、そして鉄線が咲いている。その写真の見ながら、やさしい心を保とうする、ひとつの工夫であったかも知れない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツルニチニチソウ | トップ | 尾花沢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL