晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

宵の月

2016年12月09日 | 日記


寒さが一段と強まって、日帰りの温泉に行く楽しみが増した。まだ日が落ちる前にゆっくりと湯に浸かって温まる。温泉の効用に血管の若返りいうのがあると聞いて毎日通っている。眉のような下弦の月が西に青空に掛かっていると、思わず見上げて立ちどまる。

宵月のさやけきを見る風邪心地 楠目橙黄子

作者は、私が見たと同じ月を見たとき、一瞬寒気を感じて風邪をひいたと思う。夕飯もそこそこに床に就くが、ふと目覚めると全身に汗をかき、熱が出ていた。そんな苦しさのなかにも、宵に見た月の美しさが忘れられない。渡る世にはさまざまな苦しさがあるであろう。その人生のあらゆるシーンで変りのないのが美しい月で、人を裏切ることはない。

冬至から大寒へ、寒さが増し、インフルエンザが流行の兆しを見せている。温泉で温まり、熱い鍋を囲んで、風邪など引かないように、お互い気をつけたいものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初雪 | トップ | 冬芽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL