晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

与謝蕪村

2017年04月21日 | 日記


むき蜆石山のさくら散りにけり 蕪村

蜆の身がふっくらとしておいしくなるころ、散った桜を惜しんでいる句である。蕪村は花見が好きであった。京都に住んでいた蕪村は、京の街の郊外にある花の名所めぐりが楽しみで家にじっとしていられなかった。俳諧の門人に手紙を書き、東山の知恩院への花見を誘ったりしていた。花の下で酔い、騒ぎ、歩き疲れた様子を句に残している、

花に暮て我家遠き野道かな 蕪村

近くの公園の花の下、敷き物をして花見を準備している人たちがいた。花見の宴は、時代が変わっても続いている。しかし、平成の時代は、老人ホームのバスが連なり、施設に入所している老人たちの花見の姿が多く目につく。若者たちが、掛け声をかけながら一気飲みする姿はもう過去のものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穀雨 | トップ | ミツバツツジ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL