晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

年を重ねる

2017年06月15日 | 日記


久しぶりに、悠創の丘まで散歩に行く。次第に散歩の回数も少なくなっている。しかし、気持ちの持ち方で、散歩の習慣も維持できるように思える。足はいままでと変わりなく動くし、1時間30分かけて、9000歩を歩いてもさほどの疲労感はない。途中、季節の花を探し、桜や梅が実をつけているのを撮影する楽しみが、散歩へ背中を押してくれる。

本棚を整理していると、昔、読んだ本の気になった部分を抜き書きして、カードに整理してファイルしてあったのを見つけた。読んだ本は伊藤整の長編『変容』だ。小説の語り手と、老人が飲み屋で交わす会話の場面である。

「龍田君、七十になって見たまえ、昔自分の中にある汚れ、欲望、邪念として押しつぶしたものが、ことごとく生命の滴りだったんだ。そのことが分かるために七十になったようなものだ、命は洩れて失われるよ。生きて、感じて、触って、人間がそこにあると思うことは素晴らしいことなんだ。語って尽きず、言って尽きずさ。」
 彼は私を脅かすように睨みつけ、やがて私を羨むように目をそらし、失われた生そのものを感じて歯ぎしりすような、怒った顔になった。

この本を読んだのは30年以上前のことで、記憶をたどれば、よほどこの部分を気に入って、大学で文学を教えている友人に、この小説の感想を、話したことを覚えている。彼は、「変容、ああ、あれは未完の小説だよ。」と言下に、否定的な言葉を発した。しかし、それは若さが故のせいだあったような気がする。七十歳を過ぎて、小説の言葉はさらに現実的な力を持って立ち上がってきた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さなえ | トップ | 桜の実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。