晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

同期会

2016年10月12日 | 日記


10月10日、浅草ビューホテルで北海道納内中学校の9回の同期会がが開かれた。集合人数20名、うち北海道からの参加者は9名、女性は6名であった。開催場所は、北海道在住者の希望で、浅草ビュウホテルに宿泊して、東京スカイツリーの見学、隅田川の屋形船に乘っての宴会が主な内容だった。皆が75歳の後期高齢者を迎えたということもあって、参加者は年々減っている。それでも同期生の総数が161名、会の出席者が20名というのは、画期的なことではあるまいか。因みにこの時点での物故者は26名となっている。北海道の自然環境がそれほど厳しいからか、同期生の団結心は、厳しい環境がある分強くなる傾向があるような気がする。

おりしも、ホテルの正面玄関に人力車の車列が着いた。見れば、このホテルで結婚式を挙げる新郎、新婦と、その親族の人たちである。浅草の結婚式の新しいスタイルなのか、古式ゆかしい人力車から降りる若いカップルは零れるような笑顔にあふれていた。これかの幾久しいお二人の幸福を祈る。



屋形船の宴会は想像以上に楽しかった。船が幾分揺れることはあるが、新鮮な刺身、揚げたての天ぷら、アサリの酒蒸し、前菜からデザートに至るまで満足できた。飲み放題の酒が入っても、声高に、過去の栄光を振りかざすものいない。仲間の近況を心配そうに確認し合っている。おもいはやはり故郷のことになる。この夏に北海道に台風が4つ行って、石狩川沿線の深川、納内の冠水の様子が全国放送で映し出された。納内と読める人は少ないのか、テレビではこの地名にルビがふってあった。幸い被害はごく少なく済んだようで、北海道から来た面々の顔も明るかった。

同期会のために句を作ってくれた人がいた。

同期会楡の子遊ぶ屋形船 

船はお台場のレインボウブリッジまで行った。フジテレビのビルが、海に浮かぶ満艦飾の船のようにきらめいていた。ホテルへの帰路、役肉屋に入って、約肉をつまみに生ビール。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅葉 | トップ | 品川水族館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL