晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

蕗の薹

2017年03月07日 | 日記


きのう、陽気に誘われて畑に行ってきた。雨が少ないので、畑は乾燥していた。去年、取り残した大根がまだ食べられそうなので抜いてくる。土手に蕗の薹が顔を出していた。ぷんと春の香りが立って懐かしい。妻に渡すと、味噌汁と蕗みそを作ってきれた。今年のはじめての春の香りである。蕗の薹には色々な食べ方があるが、庄内では外側の葉だけを取って小鍋で茹でて、お浸しにする。醤油をたらして、香りと苦みを楽しむのを、土地の年よりが勧めていたのを思い出す。帰りがけに、瓶に詰めたバッケミソをお土産に持たしてくれた。これは妻が作る蕗みそと変わりがない。

ふるさとは深雪の底か蕗の薹 石塚 友二

昔の農家では、蕗の薹やマンサクの花が咲くのを見て農作業を始めた。日影で固まって残った雪を崩して融けやすくする。春風のなかで鍬をふるって耕すのも、農家の年よりの仕事であった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清少納言 | トップ | 春の雪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL