晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

亀井勝一郎

2017年02月09日 | 日記


大学へ入ったとき、寮に入って、5人部屋で共同生活を送った。自分の敷く蒲団の位置を決め、その蒲団の窓際に坐り机を置いた。新聞は5人で金を出し合って購読した。押入れに5人の蒲団をしまうのだが、押入れの壁に昔からの落書き残っていた。その中に亀井勝一郎の名があり、驚くと同時に、亀井がこの寮の先輩であることを知った。亀井勝一郎がこの寮に入ったのは、大正12年のことである。その著『大和古寺風物誌』の「春」と題した一節があり、当時を回顧している。

「山形は盆地である。近くで最も高い山は、樹氷で有名な蔵王であるが、それから北へ連なる雁戸山、もっと近くて低い千歳山、丘と云っていゝ盃山・・・(中略)春は三月、四月、その頃になると私はよく盃山に登った。この小山の裾を馬見ヶ崎川が流れているのだが、それを眼下にみおろし、山形の街、桜桃畑、野、田畑とひろびろと盆地を眺めつつ、柔い春風のなかで昼寝したものである。」

大正12年の同期には、阪本越郎、村山義平、小関守之助らがいた。ちなみに学寮の寮歌「嗚呼乾坤」は、阪本越郎が作詞したものである。阪本越郎は旧制山高から東大文学部に進み、卒業後はお茶の水大学で教鞭をとりながら詩を書いた。

ああ乾坤の花の色/花永劫に悩ましく/水村雨に煙るとき/健児の胸に涙あり

この寮歌は我々の世代から、後の世代まで歌い継がれた。いまでも、同級会の集まりがあると、誰からともなくこの歌の合唱になる。阪本の父は福井県の知事阪本釤之助で、永井荷風の父久一郎の弟である。つまり、阪本は永井荷風と従兄弟であった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一日暮らし | トップ | バレンタイン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。