晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

今朝の雪

2016年12月28日 | 日記


9日ぶりの積雪。ベランダの梅の鉢にふんわりとした雪が積もった。梅の木はこんな雪を好むのかも知れない。花芽が少しふくらんだような気がする。午前、年末の挨拶にY印刷を訪ねる。去年から依頼を受けて共同執筆した『山形市下水道50年史』が立派な本になっていた。びっくりしたが、同社の社長の訃報を初めて聞く。人間の別れとはこんなに儚いものか。半年ほどのご無沙汰の間に、ガンによる社長の死があった。「じゃあ、また」と気軽に挨拶して、いつでも会えるものと思っていたが、聞けばその時はもう医師の宣告を受けていたらしい。実にあっけない。

思えば長い付き合いであった。無理を言ってもいつも、いやな顔ひとつせず、こころよく受け入れたもらった。もう、あの顔を見ることができない思うとただ淋しい。自分よりも10年も若いのに、人の運命は分からねものだ。一仕事に区切りがつくと、夜の街にくり出しって行ったまだ若い時代のことが、走馬灯のように浮かんでくる。そんな過去のことなど何事もなかったように一切を捨てて、知らない間に旅立ってしまった。

鉢植えにあわ雪つみて訃報きく 幹雄

いつも人さまの句を引用さてもらってばかりだが、M社長のやすらかな永眠を祈って記念の一句にさせていただく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最上川 | トップ | 葉山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コーヒー・ブレイク)
2016-12-29 10:26:07
年の瀬に知人を亡くされ
お悔み申し上げます。

幹雄様の一句。
心にしみますね。
生かされていることの大切さ (miki701_1941)
2016-12-29 11:39:05
ありがとうございます。
もうあと何年残されているのか、その時間の
ひと時、ひと時を大切にという思いをさせられ
ました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL