晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

キバナフジ

2017年05月15日 | 日記


散歩道で黄色い藤の花が咲いているのを見つけた。しかしよく見ると、幹は蔓ではなく、普通の立ち木である。花はあの紫の藤と、色は違うが酷似している。ネットで調べてみると、ヨーロッパ原産の金グサリという植物らしい。先週、知人が足利フラワーパークで藤の花を見に行ったので聞いてみると、黄色い藤の花もあったという話だった。写真で見るとこの花も立ち木で、金グサリらしく思われる。紫の藤よりもの一足遅れて咲くので、藤ロスの季節を補う花としても貴重な存在であるらしい。何よりもこんなに珍しいキバナフジを近くの散歩道で見つけたことを喜びたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天才少年 | トップ | ツルニチニチソウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL