晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

空梅雨

2017年06月30日 | 日記


入梅はしたものの一向に梅雨らしい雨がない。畑は乾燥しきって、埃がたっている。それでも、季節の野菜が収穫期を迎えている。今日、残して置いたレタスが、破裂してなかの方が腐敗してしまっているのを見て収穫してきた。妻は7個もあるレタスの食べられる部分を取り分けるのに、台所に立ちつくした。それでも、ベーコンと一緒にして炒めた、レタスは美味。腹いっぱい食べても飽きない味だ。野菜づくりをしていなかければ、食べられない季節の味だ。

ズッキーニが一気に実をつけた。まだ、背丈は小さいものの、初どりはいかにもおいしそうだ。これからは、毎日のようにズッキーニが収穫できる。加えて、キュウリ、ナスも採れはじめている。今少し、雨に恵まれれば、野菜の収穫は絶好調になる。

斗酒ありや日暮れて胡瓜刻む音 尾崎 紅葉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栗の花 | トップ | ズッキーニ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事