晴耕雨読

耕すのは土だけではない。
心のなかこそ酸素を補給し、ゆたかな栄養で満たさなければならない。

文鳥

2016年09月15日 | 日記


漱石の『文鳥』を読んだ。漱石に文鳥を飼えと勧めたのは、門下の鈴木三重吉である。三重吉は漱石から5円の紙幣を受け取って、籠と文鳥を買って漱石の家に持ち込んだ。小宮豊隆と二人がかりで、籠を二つ、籠を入れる箱、餌壺に水入れ。籠の台には漆が塗ってあり、籠の竹は細く色づけがしてある。肝心の文鳥は、籠のなかにうずくまっているが、白くてきれいな鳥である。全部しめて5円、その日から漱石の文鳥の世話が始まった。

餌を与えるために籠の戸を開け、大きな手を差し入れると、文鳥は驚いて大きく羽ばたく。しかし、餌と水を入れて、戸を閉めると、文鳥は首をひねって餌壺を見る。そして漱石を見て、ちちっと鳴く。餌を通して、飼い主と文鳥にはじめてコミュニケーションが取れた瞬間だ。漱石は猫だけでなく、小鳥にも愛情を感じたことをうかがわせる好エッセイである。

漱石は小説を書いているから朝はあまり早く起きない。大抵8時ころだ。鳥はもっと早く目覚めているはずである。だんだんに、朝文鳥を箱から出し餌を与えるのは、女中の仕事になっていく。猫が籠をひっくり返すという事件が起きたりもする。それでも、漱石が文鳥の姿を見ない日はない。その姿に、以前好意をを寄せた女性の姿に重ねたりしている。

悲劇は突然起こった。三重吉の呼び出しで、文鳥の姿を見ずに出かけ、帰っても娘の縁談などにかまけていると、籠のなかで死んでいる文鳥を見つけた。

「自分はこごんで両手に鳥籠を抱えた。さうして、書斎へ持って入った。十畳のまんなかへ鳥籠を卸して、その前にかしこまって、籠の戸を開いて、大きな手を入れて、文鳥を握って見た。柔らかい羽根は冷え切っている。」

漱石が文鳥の死を見てうろたえている様子が伝わってくる。いつか我が家の飼い猫が、死んだ朝のことが思い浮かんだ。娘が大声で泣き、妻も必死で涙をこらえていた。漱石の文鳥への思いやりが、この小品のなかに溢れている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫式部 | トップ | 秋風 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。