みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「無記名」

2017-04-21 19:41:54 | ブログ短編
 百合子(ゆりこ)は垣内麻美(かきうちあさみ)に呼(よ)び出された。数日前にも彼女に呼び出されていた百合子は、嫌々(いやいや)ながらも会いに行くことにした。麻美はちょっと悪(わる)ぶっているところがあって、クラスのみんなからも敬遠(けいえん)されている存在(そんざい)だ。麻美は百合子を見つけると駆(か)け寄って来て、彼女のえり首(くび)をつかんで言った。
「あんた、どういうつもりよ。なんで、吉田(よしだ)君と付き合っちゃってるの!」
 百合子にはまったく身(み)に覚(おぼ)えのないことで、首を横に振って否定(ひてい)した。けれど麻美には通じないようで、今にも殴(なぐ)りかかりそうな形相(ぎょうそう)である。麻美は絞(しぼ)り出すように言った。
「あの手紙(てがみ)、ちゃんと渡(わた)してくれたんだよね。それなのに、どうして…。あたしの気持ちを知ってるくせに、よくこんなひどいことができるわね」
 百合子は必死(ひっし)になって答えた。「ちょっと待ってよ。わたし、付き合ってなんかいないわよ。手紙だって、ちゃんとあなたの代わりに渡したじゃない。吉田君だって、あの手紙があなたからだって分かってるはずでしょ? 名前(なまえ)が書いてあるんだから…」
「名前? 名前って……」麻美は何かを思い出したように息(いき)を呑(の)んだ。
「えっ? 名前、書かなかったの? そんな…、それじゃダメじゃない」
「そ、そんなこと…。だって、ラブレターなんて初めて書いたんだから、そこまで…」
「じゃあ、吉田君、わたしからのラブレターだって思ってるわけ? そんなの困(こま)るわ。わたし、全然(ぜんぜん)好きじゃないのに。今からすぐに訂正(ていせい)しましょ。ちゃんと吉田君に――」
<つぶやき>名前は大切です。書き忘れないようにしないとね。気になるのは吉田君よね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0024「運命の出会い」 | トップ | 0025「エリカちゃん」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。