みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「大人の対応」

2017-08-18 19:18:37 | ブログ短編
「分かるよ。辛(つら)かったよね。でも、別れて正解(せいかい)だと思う。あんな男、あなたには――」
 あたしは、心(こころ)の中で思った。この娘(こ)、本当(ほんとう)に分かってるのか? だって、彼女が振(ふ)られたなんて話し聞かないし、恋愛(れんあい)で辛い思いなんかしてないでしょ。それでも、あたしは、
「ありがとう。でも、ほんとにあたし、彼のこと好きだったの。何でこんなことに…」
「あなたは悪(わる)くないわ。私には分かるから。ねぇ、元気(げんき)だして」
 あたしは思わず言ってしまった。「あなた、本当に分かってるの? 彼のこと知らないじゃない。何でも分かってるようなこと言わないで!」
 彼女は、あたしの言った言葉(ことば)に驚(おどろ)き、戸惑(とまど)いの表情(ひょうじょう)を浮(う)かべた。そして一瞬(いっしゅん)の沈黙(ちんもく)の後、彼女は真顔(まがお)になって言い返した。
「それ、ダメでしょ。こっちは共感(きょうかん)してあげてるんじゃない。そりゃ、あなたの彼のことは知らないわよ。それに、あなたが何で振られたのかなんて、私にはどうでもいいことだわ。でもね、私はあなたの友だちでしょ。友だちとして、心配(しんぱい)してるんじゃない」
「あっ、そう…、そうだよね。何か、あたし…」あたしには返(かえ)す言葉が見つからない。
「あのね、ここは、ちゃんと大人(おとな)の対応(たいおう)をしなきゃいけないと思うの。そうでしょ?」
「ご、ごめんなさい。あたし、そんなつもりじゃなかったんだけど…」
「で、あなたたち、何で別れたの? 私でよかったら、聞いてあげるよ」
<つぶやき>ここは、やっぱり聞いちゃうんですね。これも、大人の対応ってやつかな?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0062「若返りクリーム」 | トップ | 0063「早とちり」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。