みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「最初の事件」

2017-08-05 20:03:16 | ブログ短編
 その娘(こ)は、クラスの中でも目立(めだ)たない存在(そんざい)だった。いつもそこにいるのに、なぜかみんなの印象(いんしょう)に残らない。いてもいなくても、別にどうってことのない娘(むすめ)だった。
 その娘(こ)が一度だけ、その存在を印象づけた事件(じけん)があった。それは、カンニング疑惑(ぎわく)だ。別に、彼女がやったわけではない。テストの後にカンニングペーパーが見つかったのだ。最初に疑(うたが)われたのは、たまたまテストの点数が良かった男子だ。
 みんなはその男子を問い詰(つ)めた。だが、彼は否定(ひてい)し続けた。全くの濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)だと――。
 そこで、あの目立たない娘(むすめ)が登場(とうじょう)する。彼女はカンニングペーパーを見て呟(つぶや)いた。
「これ、ほんとにカンニングペーパーなのかな?……」
 みんなの視線(しせん)が彼女に注(そそ)がれた。彼女は、おどおどしながらも先を続けた。
「だって…、ここに書いてあるのって、全部(ぜんぶ)、テストに出た問題(もんだい)の答えだよね。誰(だれ)も、テストにどんな問題が出るのか知らないわけでしょ。これがテストの前に作られたカンニングペーパーなら、もっと他の問題の答えが書かれてないとおかしいと思うの」
 みんなは一同(いちどう)にうなずいた。確(たし)かに、彼女の言っていることに矛盾(むじゅん)はない。
「あたし、思うんだけど…。これは、テストが終わってから、誰かが答え合わせをするために書いたんじゃないかしら? きっと、そうだと、あたしは思うわ」
 この目立たない娘は、今では名探偵(めいたんてい)と呼ばれる女性に成長(せいちょう)していた。
<つぶやき>彼女にとって、その後の人生を決めるような出来事だったのかも知れません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0058「新生日本誕生」 | トップ | 0059「時空倶楽部」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。