みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「フライング」

2012-09-19 20:00:32 | ブログ短編
 料亭の座敷で若い男が倒れていた。その男のそばで介抱している女性。心配そうに彼の顔を見つめていた。どのくらいたったろう、男が目を覚ました。すると女性は、
「もう、ほんとバカね。呑(の)めもしないのに、あんな無茶(むちゃ)して」
「あの…、商談はどうなりました? 社長さんは…」
「あれくらいの酒、私が呑めないとでも思ったの? 私が呑んでたら楽勝だったのに」
「あっ、すいません。やっぱ、ダメでしたか?」
「あの社長ね、私を女だと思って見下(みくだ)してるのよ。あなたにだって、それくらい分かるでしょ。今度こそ、あの社長の鼻をへし折ってやれたのに」
「すいません。でも、そんなことさせられません。身体こわしたらどうするんです」
「あのね、自分のこと心配しなさいよ。あなたに、そんなこと言われる筋合いはないわ」
「ありますよ。だって、僕……。先輩のこと、心配しちゃいけませんか?」
「もう、何言ってるのよ。半人前(はんにんまえ)のくせに」
「そうですけど。でも、僕、先輩のことが好きなんです。だから…」男は自分の言ってしまったことに気づき、「あれ…、これって告白ですよね。あの…、今の、なかったことにしてもらえませんか? もっと、ちゃんとしたとこで…」
 女性は恥ずかしさを誤魔化(ごまか)すように言った。「もう帰るわよ。いつまで寝てるのよ」
<つぶやき>誰かを好きになると、相手のことが気になりますよね。でも、告白は慎重に。
Copyright(C)2008-2012 YumenoyaAll Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「趣味の女」 | トップ | 「恥ずかしい失敗」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。