みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「うなされる」

2017-03-07 19:17:36 | ブログ短編
 あたしは異様(いよう)な物音で目を覚ました。目覚(めざ)めて気づいたのだが、それは隣(となり)で寝ている主人の呻(うめ)き声だった。びっしょり汗(あせ)をかいて、悪い夢でも見ているのか苦しげにしていた。あたしは心配になって、主人の肩(かた)を揺(ゆ)すって声をかけた。
 主人は突然(とつぜん)目を開けると、ふとんから飛び起きた。荒(あら)い息(いき)をついて、目は虚(うつ)ろに正面を見つめている。また声をかけると、主人はやっと我(われ)に返ったのかあたしを見つめて、
「どうした? …何かあったか?」
「何かじゃないわよ。大丈夫(だいじょうぶ)? イヤな夢でも見たの?」
 主人はしばらく無言(むごん)でいたが、あたしの方を見るでもなく、まるでひとり言のように、「ちょっと、汗を拭(ふ)いてくるよ。すぐ…、すぐ戻るから…」
 主人はベッドから下りると、そのまま寝室を出て行った。あたしは、ますます心配になった。いつもと様子(ようす)が違(ちが)う。
 ――いつまで待っても、主人は戻って来なかった。あたしは寝室を出ると、主人を探しに階段を降りた。階下(した)まで来ると、リビングに明かりが点(つ)いていて主人の声が聞こえた。
「ごめん、やっぱり無理(むり)だ。僕には、そんなことできないよ。だから…」
 あたしは、そっと戸の隙間(すきま)から中の様子をうかがった。主人は携帯電話で誰かと話している。ひどく動揺(どうよう)して、手が震(ふる)えているのが分かった。主人は絞(しぼ)り出すように答えた。
「そ、そんなこと、あいつにばれたら、僕は…、僕はもうお終(しま)いだ」
<つぶやき>どんな隠しごとをしているのでしょうか? 早く打ち明けちゃったほうが…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0009「タイムカプセル」 | トップ | 0010「呼びつける」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事