みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「修業」

2016-09-19 19:14:34 | ブログ短編
「いいか、頭を使うな。身体で会得(えとく)するんだ。分かったな」
「はい…。でも、わたしは、掃除(そうじ)をするために来たわけじゃ…」
「口答(くちごた)えをするな! お前は、私に弟子入(でしい)りしたくて来たんじゃないのか? 師匠(ししょう)の命令(めいれい)は絶対(ぜったい)だ。もし嫌(いや)なら帰ってもらってもかまわないんだぞ」
「いえ…、やります。すいませんでした。わたし、がんばりますから…」
 男は彼女を残(のこ)して出て行った。彼女は、雑巾(ぞうきん)を絞(しぼ)ると廊下(ろうか)の雑巾がけを始めた。――しばらく掃除を続けていると、老人がよろよろとやって来た。彼女を見て老人は言った。
「君は、こんなところで何をしているんだね?」
「掃除ですよ。ここの、先生に言われて…。わたし、ここで修業(しゅぎょう)するために来たんです」
「先生? わしの知っている限(かぎ)り、ここで先生と言われているのは一人だけのはずだが」
「だから、その先生が…。あの、あなたも、ここで働いているんですか?」
「ああ、もしかして君の言う先生というのは、真っ黒に日焼けした身体の大きな…」
「はい、そうです。その方です。とても厳(きび)しい先生で、さっきも口答えするなって」
「それなら、ここの居候(いそうろう)だよ。掃除をするように言っておいたんだが、また逃げ出したか」
「えっ、違うんですか? そんな…、わたしはてっきり…」
「じゃ、後は頼(たの)んだよ。終わったら、お茶をご馳走(ちそう)しよう。美味(おい)しい饅頭(まんじゅう)もあるからな」
 老人はそう言うと、奥の部屋へ入って行った。もしかして、この老人が…。
<つぶやき>何かを会得するためには、厳しい修業が必要なんですね。楽をしていては…。
Copyright(C)2008-2016 Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「まじっ?」 | トップ | 「グウェ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。