みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「好きなもの」

2016-10-18 19:23:27 | ブログ短編
「ねえ、亜利沙(ありさ)って、何か癒(い)やされるものってあるの?」
 京子(きょうこ)の質問に、ぽっちゃり系の良江(よしえ)が横から割(わ)り込んできて、「あたしは、甘(あま)い物を食べてるときかな。もう、イヤなこと全部忘(わす)れて、幸せな気持ちになれるの」
「はいはい、それはみんな知ってるよ」京子は頷(うなず)きながら言った。
 ちょっと謎(なぞ)めいた雰囲気(ふんいき)がある亜利沙は、おどおどしながら答えた。
「わたしは、そういうのは…、別に…」
「何かあるでしょ? 亜利沙って、美人だし、きっとモテるんでしょうね」
「そ、そんなことないよ。わたしなんか…。あの、ちょっと違(ちが)うかもしれないけど…、わたしの好きなものはね。でも…、これ言うと、みんな笑(わら)うわ。だから…」
「笑わないよ、約束(やくそく)する。あたしたち、友だちじゃない。ねえ、教えてよ」
「じつはね、わたしの好きなものはね……、にのうで…、なの」
 二人はきょとんとして亜利沙の顔を見つめた。亜利沙は自分の二の腕(うで)を見せて興奮(こうふん)したように、「ここの、ぷにゅぷにゅ感がたまらないの。これは猫(ねこ)の肉球(にくきゅう)にも勝(まさ)るとも劣(おと)らないわ。だから良江の二の腕を見たとき、わたし、震(ふる)えたの。触(さわ)りたくてうずうずして…」
 良江は戸惑(とまど)いながらも言った。「あ、あたしのでよかったら、いつでも…」
「ありがとう。夏の間ね、わたし、ずっと我慢(がまん)してきたの。だって回りには二の腕だらけじゃない。もう毎日が拷問(ごうもん)って感じで…。だからわたし、なるべく出かけないように――」
<つぶやき>やっと願いがなかったみたいで良かったです。嗜好(しこう)は人それぞれなんですね。
Copyright(C)2008-2016 Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「しずく57〜帰路」 | トップ | 「ゾンビ現る」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。