みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「しずく73〜戦場」

2017-06-15 19:25:53 | ブログ連載~しずく
 水木涼(みずきりょう)は、神崎(かんざき)つくねの後から屋上(おくじょう)へ出た。そして、彼女は薄暗い中に人影(ひとかげ)を見つけた。よく見ると、それは柊(ひいらぎ)あずみだった。あずみは涼に言った。
「こんな時間に呼び出してごめんなさい。ちょっと確かめたいことがあって」
 涼はつくねに呟(つぶや)いた。「どういうことだよ? 話があるって…」
「だって、先生が待ってるって言ったら、来てくれなかったでしょ。ごめんね」
 つくねはそう言うと、あずみの方へ駆(か)け寄った。涼は戸惑(とまど)いの表情(ひょうじょう)を浮かべた。
「簡単(かんたん)なことよ」あずみは指(ゆび)さして、「あそこに竹刀(しない)が置いてあるでしょ。それを取って」
 少し離(はな)れた所に竹刀が置かれていた。涼は面倒(めんど)くさそうにそちらへ取りに行こうと歩き出した。あずみはそれを止めるように言った。
「動かないで! その場所で取りなさい。あなたならできるはずよ」
「そんなのムリでしょ。ここから手が届(とど)くわけないじゃん」
「そうかしら? 確かめてみましょ」
 あずみが手を上げると、突然(とつぜん)、間近(まぢか)で雷(かみなり)の音が鳴り響(ひび)いた。涼は驚いてしゃがみ込んでしまった。しばらくして涼が顔を上げると、そこは戦場(せんじょう)の真っただ中に変わっていた。
 鎧(よろい)を着た武士(ぶし)たちが刀(かたな)を交(まじ)え、弓矢(ゆみや)が飛び交(か)い、足下には息絶(いきた)えた者たちが地面(じめん)を覆(おお)いつくしている。大勢(おおぜい)の人の叫(さけ)び声や、刀や鎧のぶつかる音が耳に飛び込んで来た。涼は足がすくんでしまった。その時だ。涼の目の前に大男の武士がものすごい形相(ぎょうそう)で現れた。
<つぶやき>幻覚の世界へようこそ。現実じゃないとしても、こんな怖いことはないです。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0042「美味しいもの倶楽部」 | トップ | 0043「音信不通」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。