みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「あやつる」

2017-01-03 19:06:07 | ブログ短編
「じゃあ、行ってくるよ。君(きみ)はゆっくり友だちとおしゃべりしてて――」
 夫(おっと)はそう言うと出かけて行った。妻(つま)が玄関(げんかん)まで見送って戻って来ると、すかさず友だちの一人が声をかけた。
「あなたのご主人(しゅじん)って素敵(すてき)よね。今日は日曜なのにお仕事なの?」
「違うわよ。ちょっとね、お買い物を頼(たの)んだのよ」
「えっ、そうなの? いいわねぇ。うちの主人(ひと)なんか休日は家の中でゴロゴロしてるくせに、ちょっと買い物を頼んだら、休みの日まで働(はたら)かせるつもりかって――」
「そうそう、うちの主人(ひと)もよ。もういやんなっちゃうわ。こっちは休みなしで家事(かじ)もこなしてるのにね。あ~あ、あなたの旦那(だんな)と取り替(か)えて欲(ほ)しいわ」
 妻はちょっと誇(ほこ)らしげに微笑(ほほえ)むと、「もうやめてよ。でもね、うちの旦那も前は同じだったのよ。休みの日なんか、ぜんぜん動こうともしなかったんだから」
「ウソ、信じられないわ。あんなに完璧(かんぺき)な旦那なのに…。ねえ、何かあるんでしょ? 教えてよ。どうすれば、あんな主人(ひと)に改造(かいぞう)できるの?」
 妻はちょっと声を落として言った。「それはね、あの主人(ひと)が寝ているときに、耳元でちょっとささやくだけでいいの。とっても簡単(かんたん)なのよ」
「そうなの? で、何てささやけばいいのか教えてよ。あたしもやってみるから」
<つぶやき>この妻の計略(けいりゃく)を夫は知る由(よし)もないのです。まあ、知らない方が良いかもね。
Copyright(C)2008-2017 Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「しずく62〜初音」 | トップ | 「リフレッシュ法」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。