みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

0051「おとり捜査」

2017-07-14 19:42:13 | ブログ短編
「あの、何で今回も私なんですか?」京子(きょうこ)は不満(ふまん)そうな顔でつぶやいた。
「お前、男装(だんそう)も似合(にあ)うじゃないか。これは新しい発見(はっけん)だなぁ」
「なに感心(かんしん)してるんですか。先輩(せんぱい)がやって下さいよ。その方が…」
「なに言ってるんだ。今回の捜査(そうさ)はな、今までとは違(ちが)うんだ。ふふふふ、心配(しんぱい)すんな。俺(おれ)がちゃんと張(は)り付いてやるから、大丈夫(だいじょうぶ)だ」
「それがいちばん心配なんですけど。前回だって、全然(ぜんぜん)助(たす)けてくれなかったじゃないですか。私、危(あぶ)なかったんですから…」
「たかがケツ触(さわ)られただけじゃねえか。そんなのはな、危険(きけん)のうちに入らねえよ。いいか、今回の相手(あいて)は、小心者(しょうしんもの)のこそ泥(どろ)だ。そいつがどういうわけか、宝石泥棒(ほうせきどろぼう)のブツを盗(ぬす)みやがった。時価(じか)数十億(おく)という代物(しろもの)だ」
「宝石を盗んだんですか?」京子の目が輝(かがや)いた。
「そうだよ。きっと、どこかに隠(かく)しているはずなんだ。それを聞き出すんだ」
「でも、どうやって?」
「そんなこと、自分で考えろよ。そいつは男好きだから、近づくのはわけないさ」
「男好きって…。私は、女です! それじゃ…、また、危険じゃないですかぁ」
<つぶやき>こんな相棒(あいぼう)と一緒(いっしょ)だととても大変かもしれません。がんばれ、京子ちゃん!
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「たやすい仕事」 | トップ | 「しずく75〜不安」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。