みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

0052「スキャンダル」

2017-07-17 19:29:10 | ブログ短編
 大企業(だいきぎょう)の給湯室(きゅうとうしつ)で女子社員たちが噂話(うわさばなし)で盛(も)り上がっていた。
「ねえ、部長(ぶちょう)が秘書課(ひしょか)の相沢芳恵(あいざわよしえ)と不倫(ふりん)してるんだって」
「ウソ…、それって確(たし)かな情報(じょうほう)なの?」
「間違(まちが)いないわよ。総務部(そうむぶ)の飯島(いいじま)さんの話だから」
「それは間違いないわ。飯島さんの情報網(じょうほうもう)は確かだもん」
 みんなの話を黙(だま)って聞いていた明美(あけみ)はため息をついた。それに気づいた女子社員の一人が、
「ねえ、どうしたの明美。さっきから、元気ないじゃない」
「別に…。仕事に戻(もど)りましょう。こんなとこでサボってると、また部長に怒(おこ)られるわよ」
「そうね。でも、部長って以外(いがい)よね。あんな顔でどうして女ができるんだろう」
「ほんとよね。これは、この会社の七不思議(ななふしぎ)のひとつだわ」
 明美は部屋に戻るとやりかけていた書類(しょるい)をまとめ、メモを付けて部長のデスクへ持っていった。部長は書類を受け取ると、明美の顔を見てにこりと笑って、
「ご苦労(くろう)さん。えっと…、例(れい)の件(けん)だけど、都合(つごう)はどうかね?」
「それが…」明美は微笑(ほほえ)み返すと、「メモに書いておきましたので」と一礼(いちれい)して、さっさと自分のデスクへ戻ってしまった。部長は怪訝(けげん)な顔をしてメモを見た。
<相沢さんと楽しんだんですか? もし、私と別れるつもりなら覚悟(かくご)しなさい。奥さんに言いつけるわよ。どうなっても知らないから!>
<つぶやき>これは恐怖です。でも、会社の七不思議って、他にはどんなのがあるのかな?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「しずく75〜不安」 | トップ | 「等々力研究所」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。