みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「平穏な日々」

2017-04-18 19:21:44 | ブログ短編
 私は、何ごともきちっとしていないと気が済(す)まない性格(せいかく)だ。あるべきものはあるべき場所になくてはいけないし、規則(きそく)正しい生活をするのを常(つね)としていた。そんな心穏(こころおだ)やかな生活が、結婚と同時に崩(くず)れ去(さ)ってしまった。
 私の妻(つま)は…、仕事は真面目(まじめ)にこなし、礼儀(れいぎ)正しく、気づかいもできる女性だ。だから、私は彼女との結婚を決めたのだ。それが、どうだ。一緒(いっしょ)に住むようになって、私は彼女の本当の姿(すがた)を見ることになった。
 彼女の言い分も分からないわけじゃない。家に居(い)るときぐらいは、のんびりと羽(はね)を伸(の)ばしてくつろぐのは別に悪(わる)くはない。悪くはないが、彼女の場合、それが極端(きょくたん)すぎるのだ。家の中の彼女は寝巻(ねまき)のままで歩き回り、使ったものを元へ戻すことをしない。だから、何時(いつ)も部屋の中は雑然(ざつぜん)として歩くこともできない。私がちょっと注意(ちゅうい)をすると、
「じゃあ、あなたがやってよ。それぐらいしてくれてもいいじゃない」
 いつもしてるじゃないか! 私は、そう叫(さけ)びたくなるのをグッとこらえた。ここで私が切れてしまったら、私たちの結婚生活は完全に破綻(はたん)してしまうだろう。それだけは、何としても避(さ)けなければならない。なぜなら、私は…、彼女のことを愛しているから――。
 私は、どうすれば妥協点(だきょうてん)を見つけることができるのか、いつも考えている。もし、それを見つけることができれば、以前のような穏(おだ)やかな生活を取り戻せるはずなのだ。
<つぶやき>これは難しい問題かも知れませんよね。まず二人でよく話し合ってみましょ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0023「いちご症候群」 | トップ | 0024「運命の出会い」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。