みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「これが結婚」

2017-08-08 19:07:28 | ブログ短編
 私は結婚(けっこん)して、彼と二人で暮(く)らすことになった。――新婚(しんこん)生活はとても楽しくて、私は幸せを感じていた。でも、しばらくして、私は彼の変(へん)なところに気がついた。
 彼は、会話(かいわ)の端々(はしばし)で、〈で?〉を付けるようになったのだ。どうやら、何かを求(もと)めているようなのだが、私にはそれが何なのか理解(りかい)できなかった。適当(てきとう)に返事(へんじ)を返すと、彼は何だが不満(ふまん)そうに黙(だま)ってしまう。どうしたのって訊(き)いても、ちゃんと答えてくれなかった。
 その理由(わけ)が何となく分かったのは、彼の実家(じっか)へ二人で遊びに行った時だ。彼はまっ先にお母さんのところへ行って、まるで子供のように傍(そば)にくっついていた。彼が、これほどのマザコンとは今まで気づかなかった。
 彼は、お母さんにいろんなことを…、細々(こまごま)としたことまで話していた。私といる時よりもおしゃべりだ。何で? 何で、そうなるのかなぁ。ちょっと嫉妬(しっと)を感じた。
 お母さんは、食事の支度(したく)の手を止めるわけでもなく、彼の話を聞いていた。そして、〈そうなの、すごいね〉〈やるじゃない〉〈頑張(がんば)ったね〉と、彼のことを褒(ほ)めていた。そのたびに、彼は嬉(うれ)しそうな顔をした。
 これだ――。彼は、私にも褒めてもらいたかったんだ。彼が求めていたのはきっとこれなんだ。私は納得(なっとく)し、これからのことを考えると、面倒(めんど)くさいと思ってしまった。
<つぶやき>彼の意外な一面を知っちゃたんですね。それを良しとできれば、この先も…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0059「時空倶楽部」 | トップ | 0060「マイホーム」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。