みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「たやすい仕事」

2017-07-12 19:30:36 | ブログ短編
 とある雑居(ざっきょ)ビルの一室(いっしつ)が彼の仕事場だった。彼はそこで辞書(じしょ)の文字を書き写していた。一文字(ひともじ)ずつ丁寧(ていねい)に、用意(ようい)されている紙(かみ)に書いていく。ちょっと変な仕事だが、彼はなぜかこの仕事を気に入っていた。今までいくつも仕事を変えてきたが、この仕事にはノルマもなく、ずっと一人でいられるので、これまで辞(や)めたいと思うことはなかった。
 彼に与えられた仕事は他にもあった。それは、訪(たず)ねて来る人に数字(すうじ)を伝えること。部屋の壁(かべ)に小さな黒板(こくばん)がかけてあり、そこに数字が書かれている。それを伝えるのだ。
 彼がこの仕事を続けて一ヶ月くらいたったとき、彼はあることに気がついた。それは、〈1〉とういう数字を伝えると、訪ねて来た人の誰もが残念(ざんねん)そうな顔をするのだ。彼にはそれが不思議(ふしぎ)でならなかった。〈1〉とうい数字にどんな意味(いみ)があるんだろう?
 ある日のこと、若い女性が訪ねてきた。黒板には〈1〉が書かれていたので、彼はそれを彼女に伝えた。すると、彼女はなぜか嬉(うれ)しそうな顔をした。彼は思わず彼女に訊(き)いた。
「どうして、そんなに嬉しそうにするんですか? 他の人は、そんな顔をしないのに」
 彼女は人懐(ひとなつ)っこい笑顔で答えた。「あら、そうなんですか? そうね、〈1〉はちょっと遠くにあるから…。でも、あたしは旅(たび)をするのが大好きなんです」
「遠くって…。あなたは、そこへ行って何をするんですか?」
「それは行ってみないと分からないわ。何が待ってるのかしら? わくわくしちゃう」
<つぶやき>これは、何かのゲームなのかな? それとも、企(たくら)みがあるのかもしれません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0050「恋人週間」 | トップ | 0051「おとり捜査」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。