みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

0061「選ばない女」

2017-08-13 19:33:12 | ブログ短編
 僕(ぼく)の彼女は容姿端麗(ようしたんれい)で、申(もう)し分(ぶん)のない女性だった。ただ、ひとつだけ欠点(けってん)をあげると…。
「どれにしよう。迷(まよ)っちゃうわ。ねえ、どれが良いと思う」
「何でもいいじゃない。早く、頼(たの)もうよ」
「ねえ、あなたはどれにしたの?」
「僕は、やっぱりこれかな」
「ええ、それなの。でも、それって美味(おい)しいのかな」
「前に食べたことあるけど、美味しかったよ」
「そうなんだ。私…、どうしようかな。ねえ、あなたが決めてよ」
「ええ…、そうだな。これがいいんじゃないかな。ヘルシーそうだし」
「そお? でも私は、どっちかって言うと、こっちかな」
「じゃあ、そっちにすればいいじゃない。注文(ちゅうもん)しようよ」
「ちょっと待ってよ。もう少し考(かんが)えさせて」
「そんなに考え込まなくても…。先に頼んじゃうよ」
「分かったわよ。じゃあ、あなたが決めた、ヘルシーそうなのでいいわ」
 今日も楽しく食事(しょくじ)をしてたはずなのに、店を出たとことで彼女はぽつりとつぶやいた。
「他のにすればよかった。あんまり美味しくなかったわ。あなたが選(えら)んだのよ。次は絶対(ぜったい)に、美味しいお店に連(つ)れてってよね」
 彼女の好(この)みが今ひとつ把握(はあく)できなくて…。僕はどうすればいいのでしょうか?
<つぶやき>私にそんなこと言われても…。彼女に決めさせるのが一番だと思いますけど。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「鉄男」 | トップ | 「しずく77〜容疑者」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。