みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「しずく71〜新たな能力者」

2017-05-16 19:21:51 | ブログ連載~しずく
 勝負(しょうぶ)は一瞬(いっしゅん)で決まった。見ていた人たちには何が起きたのか分からなかったが、面(めん)を叩(たた)いた竹刀(しない)の音が響いたので勝負がついたことを理解(りかい)した。水木涼(みずきりょう)はその場に崩(くず)れ落ちると、防具(ぼうぐ)を外して面を投げ捨てた。そして、よほど悔(くや)しかったのだろう、叫(さけ)び声を上げた。
 相手は静かに礼(れい)をすると、居住(いず)まいを正してゆっくり面を外した。そこにいたのは、柊(ひいらぎ)あずみだった。涼はそれを見て、思わず呟(つぶや)いた。「先生…、先生だったのかよ?」
「あなた、なかなかやるじゃない。良い稽古(けいこ)になったわ。ありがとう」
 涼は悔し紛(まぎ)れに言った。「今日は、調子(ちょうし)が悪かったんだよ。次は絶対(ぜったい)、私が勝つからな」
「それは楽しみだわ。あなたとは…、これから先、良い相手になれそうね」
 ――その日の夜、あずみは校舎(こうしゃ)の屋上にいた。缶(かん)ビールを一気に飲み干すと、ふわーっと声を上げた。そこへ神崎(かんざき)つくねがやって来て、あきれた顔で見つめた。あずみは、
「これ、内緒(ないしょ)だからね。学校にばれたら大変…。でも、今日は疲れたわぁ」
「で、どうだったんですか? 先生が剣道(けんどう)も出来るなんて、知らなかったけど…」
「私たちの子供の頃はね、自分を守るためには何でもやったわ。でも、今日は危(あぶ)なかったわ。途中(とちゅう)で身体が動かせなくなっちゃって、能力(ちから)を使って何とか、間一髪(かんいっぱつ)だったのよ」
「じゃあ、やっぱり水木さんも能力者ってことですか?」
<つぶやき>新しい能力者の登場です。でも、途中から能力者にするなんてどういうこと?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0032「戦場の架け橋」 | トップ | 0033「公園友達」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。