みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「初めての…」

2017-01-12 19:02:07 | ブログ短編
「初(はじ)めての女は特別(とくべつ)だって、パパが電話で言ってたわ」
 彼女は自慢(じまん)げに彼に言った。彼には何のことか分からないようで、首(くび)をかしげながら彼女に訊(き)いた。「だから? 僕(ぼく)には、君(きみ)が何を言ってるのか分かんないよ」
 彼女は、〈そんなことも分からないの?〉という顔をしてため息をついた。そして、
「ちゃんとお聞きなさい。つまり、あたしは、あなたの、初めての女なの」
 彼はそこまで言われても、どうもピンとこないようで…。彼女はちょっと不機嫌(ふきげん)になり、
「あたしに最後まで言わせるつもり? いいわ、じゃあ言ってあげる。あなたが付き合った最初の彼女は、あたしなの。だから、あたしは特別な――」
「ちょっと待ってよ」彼は彼女の言葉をさえぎり、「僕…、君と付き合ってるの?」
「そうでしょ。どう見たって、あたしたち付き合ってるじゃない。何よ今さら…」
「いや…、こういうのを付き合ってるって言うんだったら、君が最初じゃないよ」
「えっ…。ウソよ、そんなはずないわ。あたしの言うことを聞きたくないからって、そんないい加減(かげん)なこと言わないで。あたしちゃんと知ってるんだからね。あなた誰(だれ)とも――」
「一年生のとき、同じクラスになったクミちゃんが最初に話しかけてくれたんだ。だから、一番はじめの友だちはクミちゃんだよ。君とは――」
「やめてよ、そんなの付き合ってるって言わないわ。まだ子供じゃない」
「でも、僕たち、五年生だよね。まだ子供だと思うんだけどなぁ」
<つぶやき>いつから始まるんだろ…。付き合うって、どうなった時から言うんでしょ?
Copyright(C)2008-2017 Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「夕飯」 | トップ | ホームページで新作を公開し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。