みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「三角関係の定理」

2016-04-15 19:34:44 | ブログ短編
 放課後(ほうかご)、リカは大きなため息をついた。隣(となり)の席で愛読書(あいどくしょ)にしている数学(すうがく)の教科書を見ていた和代(かずよ)が、リカの方へ目を向けた。リカは和代と目が合って、
「ああ、ごめん。ちょっと、三角関係で悩(なや)んでるのよ」
 和代はその言葉に興味(きょうみ)を持ったらしく、その話を聞かせるようにせがんだ。リカは仕方(しかた)なくことの次第(しだい)を話して聞かせた。
「じつは、わたし高津(たかつ)君のこと好きなんだけど、親友のあゆみが、そのことを知ってるくせに高津君にちょっかいをかけてくるの。これって、ひどいでしょ。親友だったら応援(おうえん)してくれてもいいじゃない」
 和代はいちいち肯(うなづ)きながら聞いていたが、何か思いついたらしく嬉(うれ)しそうに話し始めた。
「その三角形、面白(おもしろ)いわ。高津君を直角三角形の直角の部分にして、あなたとあゆみが他の角(かく)と仮定(かてい)する。この三角形の面積(めんせき)が三人の関係。そしてこの関係を変えないことを条件(じょうけん)として、高津君とあゆみの距離(きょり)が縮(ちぢ)まった場合、あなたと高津君の距離が遠くなる…」
 リカはわけが分からず、「なに言ってるのか分かんないよ」
「ねえ、お願いがあるの。私をその三角形の中に入れてくれない。もっと良く理解(りかい)したいの。これを三角関係の定理(ていり)として発表したら…、ああ、なんかワクワクしてきた」
「やめてよ。あなたまで入ってきたら、もうグチャグチャになっちゃうでしょ」
<つぶやき>人間関係はとても複雑で難解なものかもしれません。特に恋がからむと…。
Copyright(C)2008-2016 Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「しずく46~隠れ家」 | トップ | 「恋の再燃?」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブログを拝見しました (つねさん)
2016-04-22 07:47:37
こんにちは。ブログを拝見させて頂きました。これからもブログの運営頑張って下さい。

投稿して下さった作品(イラスト・詩・小説・エッセイ・漫画など)に、直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)を主催しています。投稿される作品は新作でなくても構いません。あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?

興味を持たれた方には現在、雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。よろしかったら私の名前をクリックして、ホームページでの詳しい案内をご覧になって下さい。ホームページの申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。失礼致しました。

コメントを投稿

ブログ短編」カテゴリの最新記事