みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「成長日記」

2017-07-06 19:23:22 | ブログ短編
 とあるアパートで変死体(へんしたい)が発見(はっけん)された。死体は内臓(ないぞう)が食いちぎられていて、まるで猛獣(もうじゅう)にでも襲(おそ)われたかのようだ。部屋を訪(たず)ねた宅配業者(たくはいぎょうしゃ)が、郵便受けの隙間(すきま)から中を覗(のぞ)いて、異変(いへん)に気づき通報(つうほう)したのだ。
 老刑事(ろうけいじ)が呟(つぶや)いた。「これは、人間の仕業(しわざ)なのか…。鍵(かぎ)がかかってたって言ったな?」
「はい」そばにいた別の刑事が答えた。「管理会社に鍵を開けさせて入ったんです」
「おい、みんな出るんだ!」老刑事は部屋の中にいる鑑識(かんしき)たちに叫(さけ)んだ。「早くしろ! この中に何か潜(ひそ)んでいるかもしれん! すぐに出るんだ!」
 この後、完全防備(かんぜんぼうび)の刑事たちが部屋中くまなく捜(さが)したが、猫(ねこ)の子一匹現れなかった。その代わりに、一冊のノートが見つかった。その表紙(ひょうし)には、〈成長日記(せいちょうにっき)〉と記(しる)されていた。その内容(ないよう)は、何かの飼育日誌(しいくにっし)のようだ。何かが産(う)まれて、ものすごい早さで成長(せいちょう)し、そして増殖(ぞうしょく)していく様子(ようす)が描(えが)かれていた。
 老刑事がまた呟いた。「この被害者(ひがいしゃ)は、妄想(もうそう)男なのか? それとも、大真面目(おおまじめ)に――」
 ――翌朝、現場に何者かが侵入(しんにゅう)したと連絡(れんらく)が入った。現場に着いた老刑事は、割(わ)れた窓(まど)ガラスを見て言った。「これは、侵入したんじゃなくて、何かが部屋から出て行ったんだ。割れたガラスがみんな外へ飛び散(ち)ってるだろ。間違(まちが)いない」
「何かって…」一緒(いっしょ)にいた刑事が訊(き)いた。「それは、何なんですか?」
「分からんよ。しかし、早く見つけないと、次の犠牲者(ぎせいしゃ)が出るかもしれん」
<つぶやき>これはホラーなのかな? 正体(しょうたい)が分からないものほど怖(こわ)いものはないです。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0048「時をかけるねこ」 | トップ | 0049「人生の誤算」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。