みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「しずく75〜不安」

2017-07-15 20:00:13 | ブログ連載~しずく
 柊(ひいらぎ)あずみは水木涼(みずきりょう)が落ち着くのを待って優(やさ)しく語(かた)りかけた。
「もう大丈夫(だいじょうぶ)? 刺激(しげき)が強すぎたかも知れないけど、あなたに自分の能力(ちから)を自覚(じかく)させなくちゃいけなかったの。悪く思わないでね」
「能力(ちから)…? 私に…」涼は半信半疑(はんしんはんぎ)で呟(つぶや)いた。そして何を思ったか、突然(とつぜん)立ち上がると手にしていた竹刀(しない)を空(そら)へ放り投げ、飛んで行く竹刀に手をかざした。するとどうだろう、竹刀は空中(くうちゅう)で動きを止めて、次の瞬間(しゅんかん)、涼の方へ戻(もど)ってきて彼女の手におさまった。
「こういうことね。すごいわ…」涼は驚(おどろ)くというより楽しそうに微笑(ほほえ)んでいた。
「やるじゃない。最初からそこまで能力(ちから)をコントロールできる人はそんなにいないわ。あなたには能力者(のうりょくしゃ)としての才能(さいのう)があるようね」
 間近(まぢか)で見ていた神崎(かんざき)つくねも驚きを隠(かく)せないで言った。「すごい…、すごいじゃない」
「ありがとう」涼は笑顔でつくねに答えた。「私に、こんな能力(ちから)があるなんて…。これさえあれば、もう誰(だれ)にも負けることなんてないわよね」
「それはダメよ」あずみが先生の口調(くちょう)になって言った。「その能力(ちから)は、人前(ひとまえ)では使わないこと。誰にも知られてはいけないのよ。もし、あいつらに知られたら、あなたもしずくの家族(かぞく)のように狙(ねら)われることになるわ」
「あいつら…? 何のことを言ってるのよ。しずくって誰なの?」
<つぶやき>能力(ちから)をどう使うかは、その人の手に委(ゆだ)ねられている。正しく使わないと…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0051「おとり捜査」 | トップ | 0052「スキャンダル」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。