みけの物語カフェ ブログ版

いろんなお話を綴っています。短いお話なのですぐに読めちゃいます。お暇なときにでも、お立ち寄りください。

「しずく74〜覚醒」

2017-06-30 19:21:30 | ブログ連載~しずく
 大男(おおおとこ)は不気味(ぶきみ)に笑うと、手にした刀(かたな)を振り上げた。水木涼(みずきりょう)は慌(あわ)てて逃(に)げようとして、何かにつまずいて倒(たお)れ込んだ。ちょうどそこには雑兵(ぞうひょう)の死体(したい)が転がっていて、涼が目を開けると、目の前に血を流しているその雑兵の顔が迫(せま)っていた。涼は思わず悲鳴(ひめい)をあげた。
 彼女は完全にパニックになって、あたふたと這(は)うことしかできなかった。大男はもてあそぶように彼女の後を追い、彼女を蹴(け)り倒した。そして、仰向(あおむ)けになった彼女をまたいで仁王立(におうだ)ちになった。もう逃げ場はどこにもない。
 大男は不敵(ふてき)な笑みを浮かべて、刀を突き刺(さ)そうと持ちかえた。その間、彼女がもがいていると、刀が転がっているのが目に入った。だが、とても手がとどく場所ではない。それでも彼女は必死(ひっし)に手を伸(の)ばした。すると、落ちている刀がカタカタと動き出した。
 涼が正気(しょうき)に戻ったとき、彼女は屋上(おくじょう)に倒れていた。両手には竹刀(しない)が強く握(にぎ)られていて、それで何かを突き刺した感覚(かんかく)が手に残っていた。あずみが涼の顔を覗(のぞ)き込んで言った。
「やればできるじゃない。その感覚を忘れないでね」
 涼はゆっくり身体を起こすと、「今のは…、何なんだよ。私…、殺したの?」
「幻覚(げんかく)よ。あなたを覚醒(かくせい)させるために、幻(まぼろし)を見せただけ。あなたは誰も殺してないわ」
「そう…、そうなんだ。でも…、怖(こわ)かった…。もう…、死ぬかと…」
 涼の目から涙(なみだ)があふれてきた。彼女は子供のように泣(な)きじゃくった。
<つぶやき>誰しも、怖い思いはしたくはありませんよね。なるべく避(さ)けたいところです。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0046「笑顔が一番」 | トップ | 0047「しゃっくり」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ連載~しずく」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。