みけねこのひとりごと②

信州安曇野から、みけねこ一家のいろいろを書いてみましょうか

しゃくなげの湯オープニングイベント

2016-10-16 21:30:10 | 里山再生


穂高にできた、新しい日帰り入浴施設「安曇野しゃくなげの湯」。
10月3日にオープンしたのですが、昨日からの2日間がオープニングイベント。



さとぷろ。もブースを出しています。
入り口から一番遠い、駐車場の端っこ。
立地的には集客に難あり…でも、多くの方が足を止めて行かれたそうです。



朝一番に、副市長が興味津々の木ローソクを目当てに来られました。
一家にひとつ、いいですよね。
里山市でもそうでしたが、みなさん木ローソクに注目されますね。



屋台がたくさん来ていました。



安曇野市の農産物、静岡の美味しいお茶や海産物も来ています。
しゃくなげの湯を管理運営している会社が、静岡県にあるためだそうですよ。



さて、裏に回って(山麓線沿いだから、表みたいですが)薪ボイラーのしつらえを見学。



地下に薪ボイラーが設置されています。
重油のボイラーとの併設。
薪を下ろす時に使おうと設計された天井のクレーンでしたが…。



薪置き場とボイラーの間で、薪の運搬に使われる予定だったメッシュコンテナを吊り上げることが(コンテナ側の問題で)出来ず、結局軽トラックで運んできて、地下に落としてコンテナに積み直し、計量しているのが現状とのこと。



一般のお客さまは、この小さい窓からしかボイラーが見えません。



メッシュコンテナが余る事態です(笑)。何とか上手い方法が見つかると良いのですが…。



せっかくなので、薪割り機の操作方法を教えてもらいました。
スイッチを入れて、チョークを入れて、紐を引っ張ってエンジンをかける。これがなかなかかからなくて(泣)。結局やってもらいました。チョークを戻し、回転数を上げる。あとは、薪を載せてレバーを上げ下げ。好みの太さになるまで繰り返す。終りは逆に、スイッチを切るだけ。玉切りの丸太5本、薪に加工させてもらいました。

今日はスタッフでなく、楽しむ側ですみません。
ありがとうございました!



      ↓↓↓↓↓ 応援“ポチッ”お願いします ↓↓↓↓↓

『地域活動応援チームえんのわ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ ブクログ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さとぷろ。薪の駅(仮称) | トップ | こどもしおじり実行委員会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む