のらねこ一家の旅日記

遠くの旅から近くの散歩で気になった、ちっちゃな事件から大きな事

武田信玄ゆかりの「躑躅ヶ崎館」、(昔の画像)。

2016年10月01日 | 
現在「武田神社」が鎮座するこの地は、今から400年ほど前まで甲斐武田氏の館でした・(人は石垣人は城・ですな♪)。
この地に武田氏の拠点が移されたのは信玄の父である武田信虎の時代で武田氏滅亡までの間執務がとられたそうです。

   
城郭は中世期によく見られる後方に詰め城を要する館で、戦国期のような戦いを優先に考えられた城郭ではありません?。
その為、武田勝頼は織田徳川連合軍を迎え撃つ為に「新府城」の築城を急いだのかも知れませんが・・間に合いませんでした↓。

 
さて、その「兵どもが夢のあと」も現在では有名な観光地♪、今年訪れた時は「大河ブーム」も終わり静かな地になっていました。
武田信玄は何度も大河ドラマに登場する欠かせない人物、またブームを迎える前に再訪したいですね♪(昇仙峡とセットでね♪)。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳川将軍家が眠る「寛永寺」... | トップ | 立川防災航空祭 in2016①、「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。