ひとり気ままに

バツイチ女のひとりごと。離婚した人も、離婚を考えている人も、そしてこれから結婚する人も、「気ままな話」を聞いてください。

2017年 夏休み 2日め

2017-08-13 00:41:03 | 日記・エッセイ・コラム

2017年8月12日(土)

 

昨日、新聞を見て気がついた。

「アラーキーの写真展が9月2日までだ」

 

彼の写真を理解する事はできないが、何かひかれるものがある。

予定がないので、新宿まで行くことにした。

オペラシティーで開催されている。

彼も北斎を意識している。

だから「写狂老人A」なのである。

今回の作品「空百景」は「富嶽百景」への敬意であるそうだ。

また「花百景」は伊藤若冲の「花百図」に触発されているそうだ。

この花百景を見て、彼の技術の高さを感じた。

いつも見ている彼の写真は技術より芸術を感じていたので、少し驚き。

 

「遊園の女」の1枚。

左は端に見えるのは私も持っている図録。

 

今回のメインは「大光画」で1枚が140×100cmの白黒プリントが50枚

そこに写っているのは「人妻エロス」週間大衆の人気シリーズである。

30代から70代までの人妻の裸体が映し出されている

 

この作品からも彼の才能を感じた。

作品を見ずに想像したら気持ち悪いかもしれない。

しかし、白黒の写真に中の裸体は、それぞれの人の歴史を語っていた。

エロスと言うのではなくて、人の生きざま。

笑顔で笑っている顔は可愛くて美しい。

それを引き出しているのは彼の才能だろう。

 

「遊園の女」は人妻エロスでピンときた女性にもう一度モデルをお願いしたらしい。

白黒と変わって、美しい色遣い。

 

「切実」は面白い発想。

写真を半分に切って、別の写真とつなげる。

壁いっぱいに貼られた写真には、意味があるようなないような感じ。

この写真を着る行為は「写真は切なく、真実を切る」という意味があるらしい。

 

今回のポスター写真。

これも、タイマー使って自分で撮影したそうだ。

この後ろ姿が好きだ。

 

エロいおやじだと思っていた彼の別の1面を見た感じ。

写真を語らせる技術が素晴らしい

 

帰りはロマンスカーで帰宅。

展望車を取ることができた。

 

富士山は雲の中だったが、頂上からの夕焼けはきっと綺麗だっただろう。

さて、明日は何しよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2017年 夏休み 1日め | トップ | 2017年 夏休み 3日め »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
荒木さん好きです (ケンスケ)
2017-08-14 09:20:25
数十年まえからファンの一人として彼の作品に折りあるたびに拝見してます
ただのエロとは違う何かを感じてファンになったひとりです
都会にいると何かと色々な機会に恵まれるのは羨ましいです
★ケンスケさん (ミケニャンコ)
2017-08-14 10:53:27
何か引き付けられるものがありますよね。
ただ、悲しさを感じる作品も多くて。

色々な状況の中、積極的にたくさんの作品を作りだすパワーは見習いたいと思います。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。