ひとり気ままに

バツイチ女のひとりごと。離婚した人も、離婚を考えている人も、そしてこれから結婚する人も、「気ままな話」を聞いてください。

天気が良いのだから

2016-10-16 09:33:35 | 日記・エッセイ・コラム

2016年10月15日(土)

 

天気予報が土曜日、日曜日は晴天だと伝えていた。

どうしようかな。

洗濯もしたいし、布団や洋服の入れ替えもしたい。

仕事もたまっている。

長野からずっと動き続けているから、体も休めたい。

雪が降る前に、富士山のお散歩もしたい。

いろいろ考えて、結果は朝起きてから考えることにした。

 

朝起きて決めた「大沢崩れ」に行こう。

おにぎりを2個握って、そば茶をポットに入れて、コンデジをザックに詰める。

帰りに温泉入って、山中湖にで夕焼けの富士山撮ってこよう。

温泉の準備と一眼も車に乗せた。

 

富士スバルラインで「御庭」まで行き、ここに車を止めておく。

五合目までつながる富士スバルラインの料金は往復で2060円。

ここが開通して富士登山が楽になったのだが、やっぱり高い。

 

9時15分ごろに歩きだして、お昼頃に到着。

途中でルートミスしたり、写真撮っていたりしたので、結構時間はかかったが、距離はそんなにない。

 

頂上から見た大沢崩れ。

地獄のような場所というイメージだったが、実際は違った。

 

とても穏やかな場所。

先に来ていた人に言われた。

「石が転がる音がずっとしています」

何も音のない世界に、石が転がり落ちる音が風の音とともに聞こえる。

怖いのではなくて穏やかな音。

次に来た人に私も伝えてしまった。

 

大沢崩れのために富士山はいつかこの綺麗な円錐形が崩壊していくといわれている。

何とか、今のままを保てないのかとずっと思っていた。

でも、ここにきて感じた。

崩壊は悲しいことではない。

富士山の崩壊も富士山の一生の過程のひとつなんだと。

つまり、富士山は進化しているのだと。

 

年老いていくことにマイナスのイメージがあるが、それもきっと進化しているのだと思う。

体が衰えていくことも悲しいことではないのだと思う。

 

ずっとここにいたかったけど、そういうわけにもいかないので下山。

富士山の紅葉はもう少し。

 

山中湖の日暮れには間に合わなかったけど、大きな月が昇るタイミングに遭遇。

日が暮れるのが早くなった。

冬が近づいている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« だれのかおり? | トップ | 【旅行】 ふらっと長野 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
富士山の進化 (23)
2016-10-20 23:28:19
なるほど。

ニャンコさんも進化していますね。

身体で、音を感じる。いいですね。

お月さま。も。

朝起きて決めた「大沢崩れ」大正解。

ありがとうございます。
★23さん (ミケニャンコ)
2016-10-20 23:44:19
そう、進化しています(笑)

自然は癒やされる。って、ものすごく感じました。

天気が良かったことが一番ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。