熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

これが本当の理由

2016-06-03 22:48:07 | Weblog
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還に米側と合意した故橋本龍太郎元首相の下で沖縄

問題を担当した故梶山静六元官房長官が1998年、本土(沖縄県外)の基地反対運動を理由

に、同県名護市への移設以外にないと記した直筆の書簡が残されていることが分かったそうです。

この書簡は、梶山静六元官房長官が政府の勅使である先輩に送ったもので、その中で「普天間

飛行場の本土移転は、反対運動にあってうまくいかない、沖縄県内に移設する以外にない」と

述べていたそうですが、これは、本土の反対運動には対応するが、沖縄の反対運動は無視する

という姿勢ですね。

沖縄が本土の犠牲になるという姿勢は、現在も変わっていません。

政府はこれまでほぼ一貫して沖縄の地理的優位性や米軍の抑止力を名護への移設理由と説明し

ていますが、当時の政権中枢が「本音」とも言える見方を示していたことで、名護移設の是非

を巡り改めて論議を呼びそうです。

菅官房長官は、例によって「書簡の内容は承知していないので、コメントは控えたい」と無視

する姿勢を見せていましたが、いつまで無視できるのか、参議院選挙の洗礼が待っています

ね。

沖縄の人々を犠牲にすることは、もう止めにしませんか。






ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 科学技術の軍事利用 | トップ | スーパースターが静かに消えた »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sica)
2016-06-04 04:48:30
沖縄県内に一番こだわっているのは米国・米軍です
日本本土に反対運動があろうがなかろうが関係ありません

米海兵隊基地は、戦時には真っ先に最前線に派遣される部隊であり、戦場に近い場所に配備されます
米海兵隊が想定している戦場は朝鮮半島と台湾です

朝鮮半島には山口県の岩国基地から
台湾には沖縄県から米海兵隊が派遣されます

朝鮮半島や台湾に真っ先に派遣される部隊の基地が、本土や北海道にあっても遠すぎて役に立ちません

そもそも日本側の都合で本土移転が進まないとしたら、民主党政権時にあれだけ「最低でも県外」と公約していた鳩山政権で県外移転が進んだハズです
しかし、県外移転を主張していた鳩山政権を、オバマ政権は完全に無視し続けました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL