読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・清須会議

2013年11月12日 | 映画(国内)

 

2013年 日本

 

 

久々、映画館に活気がありました

日頃、自分が足を運ぶ映画、映画館が地味なので、その差に驚いたというだけのことでしょうケド

 

 

信長亡きあと、織田家の行末を決定する会議が開かれた

清洲城を舞台に5日間にわたり繰り広げられた心理戦やいかに

 

原作は全編モノローグでした

登場人物の心の言葉に笑ったり、納得したり、駆け引きの妙を楽しめました

映画でも、字幕でもいいからモノローグを出して欲しいな、と思ったシーンがいくつかありましたが、まぁ良いか…

 

秀吉の策略を目の当たりにして、感心するも良し、腹を立てるも良し

織田家は今はもう田舎大名ではない

小さな個人事業『織田商店』が、売り上げを伸ばし、社員、支店が増え、日の本一の『株式会社織田』になろうかという時に起きた社内クーデター

天下統一を目前に、真にお家のかじ取りが出来るのは誰か

自分の価値観にどっぷり浸かったまま時代の変化に気づかないロートルの時代はお終い

時の流れを読み取り、大局的に物事を見て一歩先を進む人間が新しいリーダーにふさわしいのでしょう

 

 

時代物なのですが

羽柴秀吉、柴田勝家、お市etc、映画の中の人物像より

大泉洋、役所広司、鈴木京香etc、俳優さんたちのキャラが際立っていたように感じました

扱っているのが、基本的に現代に通じるテーマだからでしょうか

 

 

西田敏行=更科六兵衛が登場した時は館内にどよめきが

こういうの、嬉しいですねぇ

 

 

超豪華俳優陣大放出の映画が外れのはずはありません

大泉さんは「グッモーエビアン!」でもうまく名古屋弁を使いこなしておられましたが、本作でも強すぎる(?)名古屋弁に笑わせてもらいました

 

三谷さん、次はどんな映画を見せてくれるのかな

楽しみです

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画・四十九日のレシピ | トップ | 映画・かぐや姫の物語(試写会) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミッタニー(→三谷幸喜)の 食えなやつらの味付けぇぇ~ (zebra)
2014-12-09 08:32:39
こないだの フジテレビ系の土曜プレミアでみました。 いやぁ~ 食えない面々なやつらを 見事に ミッタニーは 演出で味付けしとったわ~

本能寺の変 ボッパぁ~ツゥゥ~~

英ちゃん(→篠井英介)演じた ”御屋形様”信長 死んじゃった~

千歳一隅の チャァァ~ンスッだぜぇい!!! 浅野っち(→浅野和之) 光秀 打ち取ったりぃ~ っと 大手柄のイズミン(大泉洋) ご満悦!!!

さぁって こんどは御屋形様の跡目争いじゃ~(まるで 仁義なき戦いじゃな!)

今度のライバルは役所ン(→役所広司)勝家!
 
妹君えんじた お京姐さん(→鈴木京香) ビックリ人間も真っ青の お歯黒顔!!! マジ キモ~イ(゜▽゜) 役者魂こもっとるわ~ (ホメてます)


お京姐さんのご機嫌取りにらっきょうですよ!らっきょう!!!

くっせえだろ!くっせえ~ と お京姐さんが ブーイング 役所ん 何を考えたのか お香が好きとかで らっきょうが 酢につけると美味になるとか ワケわからん理屈つけて 的外れプレゼント・・・(汗) 

一方 イズミンは イセヤン(→伊勢谷友介)演じた 三十郎信包にアンティックをプレゼント。 こっちはイセヤンのハートをゲットЪ(゜~^)

しかも、秘密兵器といわんばかりに、 体を張って ミッキー(→中谷美紀)も踊りを披露・・・

東京出身なのに 尾張訛りも板につきまくりのミッキー、さすがЪ(゜~^)

”ど・ち・ら・に・し・よ・う・か・な・ て・ん・の・か・み・さ・ま・の・い・う・と・お・り” の 優柔不断ぶりを演じきった 恒池田興役のコーイチ(→佐藤浩市)も 役所んとイズミン 両方からに引っ張られてやんの!

ここでも失敗ぽしゃったのは役所ん・・・越前のカニを毎年贈るって・・・オイオイ(汗;)

それに反して イズミンは 尼崎を任せると領地配分! カニと国持の座・・・ そりゃ 明暗わかれるってぇ~


極めつけは バカ殿信雄を見事に演じきった ブッキー(妻夫木聡)!

なんじゃ~こりゃあ~な ダメダメぶりをいかんなく発揮し過ぎ(>Δ<)!!!

女中に見とれてつまずくわ 旗取りなのに 走るだけで肝心の旗取りを忘れるわ あげく 内密な話なのに 「オレは聞かれても平気」と 席外しの意味を考えないKYぶり!!!

イズミンもハラハラ・・・天下を自分が握るには織田家の人間は傀儡でなければ困るのだが ここまで ろくでなしぶりを見せつけられると傀儡にも使えないじゃ~ん(やべえよ やべえ!!)

コヒさん(→小日向文世)長秀も 役所んにアドバイスしまくってたに 途中からイズミンに 乗り換えて 悩む悩む(自分の人生も将来に影響するからね!!)

が、決め手の 本能寺で討ち死にした 信忠を演じた6代目勘ちゃん(→6代目中村勘九郎 )の幼い三法師坊ちゃんのあやし術を ケン坊(→松山ケンイチ)から習得した イズミンが ふさわしいと みんなナットク(やはり 大義が立つもんが強い!)

 が、イズミンの悔いは 妹君お市の方をゲットできなかったコト・・・(TДT) (も~い~じゃん! アンタには 後継者になれたし、ミッキーがいるんだし・・)

会議が終わっても 役所んに 「筆頭家老としてご指南おねがいいます」としたてにでてたイズミン。
けど、腹では「近いうち役所ん 討つぞと」決心

役所んも イズミンの腹の内を 見抜いてたけどね!

さっすがなのは ミッタニー 食えない面々を見事に 演出で 味付けしまくっとッたわ!
zebraさん (こに)
2014-12-09 13:20:53
訪問&コメントありがとうございます。
私もテレビ観賞しました。
何度観ても面白い。
流石三谷幸喜氏ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
清須会議/役所広司、大泉洋 (カノンな日々)
三谷幸喜さんが自ら17年ぶりに書き下ろした小説を原作に脚本を書き上げ映画化した最新作です。前作でも落ち武者が出てきますし、TVドラマではNHK大河ドラマ「新撰組!」の脚本などを ...
清須会議  監督/三谷幸喜 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  大泉 洋  小日向 文世  佐藤 浩市 【ストーリー】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝、秀吉は次男の信雄を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市....
「清須会議」 日本のクレイジーな人 (はらやんの映画徒然草)
本作は三谷幸喜さんが脚本・監督をする初の時代劇作品です。 戦国時代を舞台とする時
清須会議 (勝手に映画評)
本能寺の変での織田信長亡き後の、織田家の跡目を決める“きよすかいぎ”の模様をコメディ仕立てで描いた作品。“きよすかいぎ”は、清州会議と言う表記もありますが、映画は清須会議になっています。 原作も読んだんですが、原作は、各章が、登場人物それぞのれモノロー...
清須会議 (だらだら無気力ブログ!)
笑えて見応えあって面白かった。
清須会議 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
数々のヒット作を作り出してきた三谷幸喜が、およそ17年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇。本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めるために、柴田勝家や羽柴秀吉らが一堂に会した清須会議の全容を描く。役所広司演じる勝家と大...
清須会議 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/11/09公開 日本 138分監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助 これは、会議という名の戦である。 [Story]本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭....
「清須会議」会議直前の駆け引きの末に見た秀吉の勝家を翻弄した天下一の巧みな人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「清須会議」は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた清州 ...
清須会議 (風に吹かれて)
秀吉の陰謀公式サイト http://www.kiyosukaigi.com原作: 清須会議 (三谷幸喜著/幻冬舎)監督: 三谷幸喜1582年、本能寺の変で織田信長が命を落とし、長男の忠信も討ち死にした
三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
『清須会議』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   あちこち番...
『清須会議』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
『ラヂオの時間』『みんなのいえ』『THE有頂天ホテル』までは見に行ったんですが、『ザ・マジックアワー』と『ステキな金縛り』はスルー。ということで久方ぶりの”脚本と監督 三谷幸喜”作品です。今回はそれに”原作”が付いていて、小説版は昨夏ハードカバーが出て...
映画「清須会議」 (FREE TIME)
注目の映画「清須会議」を鑑賞しました。
清須会議 (Akira's VOICE)
虎視眈眈の駆け引き合戦。  
『清須会議』 2013年10月15日 東京国際フォーラム (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『清須会議』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 豪華登壇者で楽しめましたよ  <登壇者>    役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、寺島進、伊勢谷友介、    鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、三谷幸喜監督 【ストーリー】  本能寺の...
清須会議 (花ごよみ)
監督は三谷幸喜。 自らの小説を映画化。 試写会で見ました。 織田信長が亡くなった本能寺の変後の、 織田家の後継者選びと 領地再配分について 歴史上初めて、 会議が開催されたといわれている 清須会議。 秀吉の天下取りの基礎となり、 日本の歴史が動いたこの会議....
清須会議 (青いblog)
いつもの三谷さんはアメリカの旧作映画って感じですが、 今回は日本の60年代くらいの邦画を観ているようでした。 こういう喜劇、あるある。 旧作時代劇に詳しい方は、どの監督のオマージュかわかるかもしれません。 密室劇とのことでしたが、ロケが多くて開放的。...
清須会議 (映画と本の『たんぽぽ館』)
これは合戦だ * * * * * * * * * * 待望の三谷幸喜監督作品。 織田信長亡き後、柴田勝家、羽柴秀吉らが、合議によって織田家の後継者を決めます。 しかし、双方下心丸出し。 互いの推薦する後継者に賛同を得るため、様々な裏工作が飛び交います。 ...
清須会議 (映画的・絵画的・音楽的)
 『清須会議』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作を制作した三谷幸喜監督の前作『ステキな金縛り』がまずまず面白かったこともあり、映画館に足を運んでみました。  本作で専ら描かれるのは1582年6月の清須会議で、それは織田信長が本能寺の変で急死した後、織田...
『清須会議』を109シネマズ木場1で観て、ゴーちゃんの大逆襲ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ダメ出しする人もいるけど俺っちは充分面白かった。この差はどこからやって来たんだろう】 三谷がドバドバ、有名キャストを使い切った時代劇。 ともか ...
清須会議 (悠雅的生活)
評定という名の戦。
清須会議 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
清須会議 '13:日本 ◆監督:三谷幸喜「ステキな金縛り」「ザ・マジックアワー」 ◆主演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、阿南健治、市川しん...
清洲会議 監督の迷いか観る方の思い込みか… (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【64うち今年の試写会8】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お...
清州会議 (単館系)
清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と 羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の 後継者として指名し、...
運命の会議のために (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「清須会議」を鑑賞しました。 本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めることになり 候補となった柴田勝家と羽柴秀吉、彼らの票集めとそれを決める清須会議の全貌とは・・・ 三谷幸喜の新作、前作が法廷モノでしたが ...
「清須会議」 (ここなつ映画レビュー)
とにかくもう、観たくて観たくて。予告編の頃から心待ちにしていました。 東京国際映画祭のクロージングで抽選チケットに応募するも二回外れ、正規販売日には秒殺でSoldOut。息子よごめん、公開まで待て、と、なんだかんだで今になってしまった。 織田信長の死後の後...
清須会議 (いやいやえん)
清洲会議(清須会議)とは、安土桃山時代の天正10年6月27日(1582年7月16日)に開かれた、織田氏の継嗣問題及び領地再分配に関する会議である。 天正10年に本能寺と二条城でそれぞれ亡くなった織田信長と嫡男・織田信忠。明智光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に討たれ、織...