読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・青天の霹靂

2014年06月09日 | 映画(国内)

 

2014年 日本

 

劇団ひとり、初監督作品

 

売れないマジシャン・轟晴夫(大泉洋)
生れて直ぐ父・正太郎(劇団ひとり)の女性問題で母・悦子(柴咲コウ)は家を出てしまう
正太郎に育てられたが、高校を卒業後、家を出てからは絶縁状態になっている

もう20年も薄汚れたマジックバー『マジックBARのぶきち』で働いている
店長ののぶきち(ナポレオンズ・小石至誠)に手品師だって喋りで笑いを取らなきゃ駄目だと言われるも、口下手が災いしてか一向に芽が出ない
母に捨てられ、いい加減な人生を歩く父に育てられた自分
マジシャンとしての成功など夢のまた夢、先に成功した後輩に嫌味を言われ惨めな思いにとらわれる
貧乏暮らしに疲れ果て、一体自分は何のために生きているのか、なぜ生まれて来たのか、分からなくなっている晴夫だった

 

ある日、警察から電話で正太郎が亡くなったことを聞く
線路の高架下でホームレスとして暮らしており脳梗塞で倒れたらしい
正太郎の遺骨を引取、遺品を眺めていた晴夫に一閃!
『青天の霹靂』
雷の直撃を受けた晴夫が目覚めると、そこは昭和48年(1973年)の東京・浅草だった
2013年に戻っても居場所も無いと考えた晴夫
どうしたものかとボンヤリ階段に座って何気にコインマジックをしている晴夫を見たひとりの少年が、マジックが出来るなら、ということで浅草の雷門ホールの支配人・丸山(風間杜夫)に紹介してくれる
謎のインド人『ペペ』としてスプーン曲げを披露すると客は驚き、大拍手

-昭和48年は、ユリ・ゲラー来日の前年です-

徐々にホールの人気者になる晴夫
ペペのアシスタントをするのが若かりし頃の悦子
エセ中国人マジシャン・チンとして活躍しているのが正太郎
何かと衝突する晴夫と正太郎だが、丸山の発案でコンビを組んで喧嘩マジックと称するネタで観客を集めるのだった

 

悦子が妊娠していることを知る晴夫は生れてくるのは自分だ、と確信する

 

今まで母に捨てられ、ロクでもない父のせいで自分の人生は惨めだと思っていたのだが、どうもおかしい
父と母は互いに信頼し合っているし、生まれてくる赤ん坊のことをとても大切に思っている
辻褄が合わない現実に混乱する晴夫だった

 

 

冒頭では惨めったらしくて疲れた表情を見せていた晴夫が、終盤にはとても清々しい表情に変わり優しく穏やかな空気を纏っていました
最後に晴夫が見せるマジックショーは、本当にカッコイイ
悦子の出産前日、病室で晴夫と悦子が語り合うシーンも良かったですが、私は最後のマジックショーが最高でした

 

 

紅一点、柴崎さん、とてもキュートです
風間杜夫さん、昭和の雰囲気がよくお似合いです

 

 

タイムトラベルものが好きです

 

本作は、タイムトラベルで起こるやっかいな混乱は殆どなく(いや、最後に用意されている←とても感動的)
悲喜交々、人情を描いた作品です
のぶきちの口癖とか、警察署の担当者とか、クスリと笑えるシーン満載
混乱は起きませんが、絶妙な伏線が散りばめられていて楽しかったです
ナポレオンズのあのマジックの真実、この映画の通りだったら素敵ですね♪

 

笑って笑って、ホロリときて

とても心が温かくなる映画でした

 

 

マジックは全て大泉さんと劇団ひとりさんご本人がなさったそうです

撮影はオールロケでCGも使っていないそうです

 

劇団ひとりさん、初監督作品としては及第点ではないでしょうか

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今野真二「日本語のミッシング・... | トップ | 藤沢周平「玄鳥」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~ (タケヤ)
2014-06-09 22:21:44
観られたんですね!!!
ぼくは時間が経てば経つほど
心に染みていく感じがします。
この作品。

こういう(時間が経つにつれ)深く
なる作品が本来のいい作品なのかなあと。

皆さんにぜひ観てもらいたい作品ですね。
タケヤさん (こに)
2014-06-11 08:23:59
仰るとおり、じわじわきますね~。
『麦子さんと』みたいな感じかな。
笑いと涙より、人情、人間賛歌ですかね。
日本人向け、ザ・邦画、大好きです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「青天の霹靂」 (日々“是”精進! ver.F)
母と父の愛を知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405240001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】青天の霹靂 [ 劇団ひとり ]価格:535円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本映画ma...
『青天の霹靂』 2014年5月10日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『青天の霹靂』 を試写会で鑑賞しました。 なんだか久しぶりな気がする、よみうりホールでした。 【ストーリー】  場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレス...
『青天の霹靂』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「青天の霹靂」□監督・脚本 劇団ひとり□キャスト 大泉 洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  タ...
青天の霹靂/大泉洋 (カノンな日々)
ちょっとテレビで宣伝し過ぎな感もありますが、大泉洋さんも劇団ひとりさんも面白いのでついつい観てしまうんですよね。さらに柴咲コウさんも加わった先日の「ボクらの時代」のト ...
青天の霹靂 (映画と本の『たんぽぽ館』)
なんで俺なんか生きてんだよ! * * * * * * * * * * 劇団ひとりによる描きおろし小説を元に、 本人が監督と出演もしているという話題作。 売れないマジシャン轟晴夫(大泉洋)が40年前の浅草にタイムスリップ。 そこで、若き日の父母と出会いま....
青天の霹靂 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。劇団ひとり原作・監督・出演。大泉洋、柴咲コウ、風間杜夫、笹野高史。タイムスリップと言ってもSFでもない。かと言って、ファンタジーと言うほどでもなし。そもそも ...
青天の霹靂 (映画的・絵画的・音楽的)
 『青天の霹靂』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、主人公の晴夫(大泉洋)が、「いつからかな、自分を“特別”だって思わなくなったのは」、「昔は、周りの奴らは“普通”の人生しか歩め...
青天の霹靂 (勝手に映画評)
劇団ひとり、原作・脚本・監督・出演の作品。一人いったい何役なんだ(笑)。 「笑いと、たぶん一粒の涙の物語」がキャッチコピーのこの作品。涙は一粒じゃないですよ。いや、実際には泣きませんでしたが、少なくとも2回泣きそうになってしまいました。ちょっと冗長だと思...
青天の霹靂 (だらだら無気力ブログ!)
じんわり来る、余韻の残るイイ一本だった。
晴天の霹靂 (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 劇団ひとり 出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫 【解説】 作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが...
「青天の霹靂」自らの生まれた経緯を知った先にみた両親に望まれて生まれてきた自分に託した母の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「青天の霹靂」は劇団ひとりが書き下ろした小説を自ら監督と出演して映画化した作品で、もうすぐ40歳目前の売れないマジシャンがある日父が亡くなったと警察から連絡を受けて自分 ...
「晴天の霹靂」☆たぶん1粒以上の涙 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
劇団ひとりが原作の「陰日向に咲く」は、悪くは無いけどそれほど印象にも残っていなかった。 そんなこともあって、『ちょっと文才があるからって本を書いたり、資金力を生かして映画を簡単に作ろうとする芸人の映画』と舐めてかかっていた。 すみません。私が間違ってお...
ありがとう/ビートたけしに観て欲しい映画~『青天の霹靂』 (真紅のthinkingdays)
 場末のマジックバーで失意の日々を過ごす晴夫(大泉洋)は、ホームレスとなっ ていた父の死を知る。警察で遺骨を引き取った彼は、父のテントのあった河原で 雷に打たれ、40年前の浅草にタイムスリップする。そこには、若き日の父・正太 郎(劇団ひとり)と、身重の...
青天の霹靂 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。続けざまに試写会で上映されてるから、てっきり空いてるかな?と思ってたら、会場は満席で吃驚でした。ひとりさんの初監督作品で期待されてるのかな。売れないマジシャン轟晴夫が、40年前の浅草にタイムスリップして若き日の両親に出会い、出生の秘密...
No.386 青天の霹靂 (気ままな映画生活)
売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。39歳の売れないマ ...
[映画まとめ語り 『青天の霹靂』『ポンペイ』『ラストミッション』(寸評です)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『ラストミッション』        リュック・ベッソン印だが、ケビン・コスナーの意向が多分に反映されていて、投げやりな作りではない。  CIAのヒットマンが、余命数カ月となり、今まで蔑ろにしていた家族に向き合うも、なかなかうまくいかず、なおかつ...
映画『青天の霹靂』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
一時は、募集があると何でもかんでも(笑) ハガキを書いていた試写会ですが 最近は、仕事終わりに街に出る事や 列に並ぶのが
青天の霹靂 (とりあえず、コメントです)
劇団ひとりが自身の原作をもとに、大泉洋&柴咲コウを迎えて創り上げた家族のドラマです。 「陰日向に咲く」も好きだったので、今回はどんな物語を綴っているのか気になっていました。 両親の秘密を知る主人公の姿に、この父親の愛情って分かり難いなあと思いながらもほっ...
「青天の霹靂」 生かされていることを知る (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレしているのでご注意ください> 主人公、晴夫は売れないマジシャン。 彼は
青天の霹靂 (のほほん便り)
劇団ひとり、初小説がヒットし、のちに映画化された「陰日向に咲く」も味わい深かったですが、自らの同名小説を、初監督したという、この作品も、なかなかの佳作でした。ますます、大いになる才能を実感。なるほど、その名の通り、周囲を巻き込むほどの、劇団ひとり、さん...