読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・ミッドナイト・イン・パリ

2012年06月07日 | 映画(海外)

 

2011年 スペイン=アメリカ合作

原題 Midnight in Paris

 

 

2010年

ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)の両親の出張のご相伴に預かり憧れの街パリを訪れる

パリの屋根裏部屋での暮らしを切望するギルに全く理解を示さないイネズ

お金持ちで美人でスタイル抜群の彼女と、服装や髪形に無頓着で脚本家をやめて小説家になりたいと夢想するギルが不釣り合いなのは最初から明らかで、どうしてイネズがギルと婚約したのか不思議です

現実的で過去など一顧だにしないイネズの存在がよい隠し味にはなっているのですけどね

 

酔っぱらって道に迷ったギル

広場で物思いに耽っていると時計台が0時の鐘を鳴らし石畳の道を旧式のプジョーが走ってきた

ほろ酔い気分でプジョーに乗り込んだギルは古めかしい社交パーティに参加する

そこで出会ったアメリカ人夫妻はスコット&ゼルダ・フィッツジェラルドと名乗る

ピアノ弾きの男はコール・ポーター

パーティの主催者はジャン・コクトー

次に訪れたバーではアーネスト・ヘミングウェイを紹介される

なんとギルは憧れの黄金時代・1920年代のパリにタイムスリップしていたのだった

おまけに、そこで出会った人々は彼が心底敬愛する芸術家たちばかり

翌日の真夜中、同じ場所で待っているとやはり深夜0時の鐘とともにプジョーが走ってきた

車内でヘミングウェイが語るのは『武器よさらば』の一節

私もギルと同じようにワクワクして嬉しくなりました

ガートルード・スタイン女史のサロンではパブロ・ピカソとピカソの愛人アドリアナ(マリオン・コティヤール)に会う

ギルはアドリアナに一目惚れをしてしまいます

タイムスリップをしては1920年代で様々な芸術家たちと酒を酌み交わし語りあうギル

真夜中になると出かけるギルを不審に思ったイネズの父親が探偵に調査を頼むのですが、捜査員も消えてしまいます

捜査員がどこに(どの時代に)行ってしまったのかは観てのお楽しみ

笑えます

 

 

2010年のギルが憧れる黄金時代は1920年代

1920年代のアドリアナが憧れる黄金時代はベル・エポックの時代=1890年代

そして二人がタイムスリップしたベル・エポックの時代に生きるロートレック、ドガ、ゴーギャンはルネサンス期こそが素晴らしいと語る

ギルにとって憧れの時代も、その時代に生きる芸術家たちには退屈

誰しも自分の時代に不満を持ち、過去に憧れていることを知ったギルは遅ればせながら現実を見つめ直すことにします

 

 

ノスタルジーに浸る日々、ありですね

ちなみに私にとっての黄金時代は夏目漱石が執筆活動をしていた時代

上野のお山が大好きで何度も訪ねているのも、そういう理由からです

 

 

マリオン・コティヤール

どこかで観たようだと思いましたら「エディット・ピアフ~愛の賛歌」でピアフを演じた方でした

とても魅力的な女性ですね

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/3 神田古書店街、東京ぼーの | トップ | 映画・トテチータ・チキチータ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エコール・ド・パリ (たんぽぽ)
2012-06-18 20:38:54
そういえば、20年代、この時代のパリには、レオナード・フジタ=藤田嗣治もいたのではないでしょうか。
日本でよりもむしろ海外で有名な彼なので、ここに出てきてくれると面白かったな・・・、などと思います。そんなことを思うと、確かにこの時代には興味が湧いてきます。でもそのあとまもなく悲惨な時代になりますけどね・・・。
たんぽぽさん (こに)
2012-06-19 17:09:58
そうですね。
東洋人はウディ・アレン監督の好みではなかったのかしら。
戦争で一度リセットされているので、余計にノスタルジーへの思いが強くなるのでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ミッドナイト・イン・パリ/Midnight in Paris (LOVE Cinemas 調布)
語り部ウディ・アレンが第84回アカデミー賞脚本賞受賞したファンタジー・コメディ。1920年代のパリを黄金期と信じて疑わない主人公がタイムスリップし、過去の著名な芸術家たちと不思議な交流す姿を描いている。主演はオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・...
映画レビュー「ミッドナイト・イン・パリ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Midnight in Paris [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆パリを舞台にした幻想的なファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」。ユーモアと皮肉のブレンドが絶妙。 【80点】 ハリウッ ...
ミッドナイト・イン・パリ (佐藤秀の徒然幻視録)
パリの狂気の星空を覆う救いの雨 公式サイト。原題:Midnight In Paris。ウディ・アレン監督、オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、レア・セド ...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (こねたみっくす)
これはパリでしか撮れない大人の洒落た映画です。 第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞したウディ・アレン監督の最新作は、アメリカなんぞでは絶対に撮れない、過去と現代が共存して ...
ミッドナイト・イン・パリ/オーウェン・ウィルソン (カノンな日々)
『人生万歳!』でニューヨークへと戻ったウディ・アレンがヨーロッパへとまた帰ってきたわけですが、今作の舞台は本拠地のロンドンではなくタイトルにあるようにパリです。そして予 ...
ミッドナイト・イン・パリ (だらだら無気力ブログ!)
当時の文学や芸術の知識があれば、より楽しめる内容だったと思う。
『ミッドナイト・イン・パリ』 (ラムの大通り)
(英題:Midnight in Paris) 「こういう何の驚きもない映画というのも、 ある意味いいよね。 安心して観ていられる」 ----えっ? これって 主人公が自分の憧れる1920年代のパリに行って、 歴史に名を残す著名な人たち、 ピカソやヘミングウェイなどと会うってお話でし...
ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS (いい加減社長の映画日記)
「ガール」も気になってはいるんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。 脚本家として成功していたギルだが虚しさを感じ、現在は本格的な作家を目指して作品を執筆中だ。...
『ミッドナイト・イン・パリ』 前を向いて歩こう (映画のブログ)
 一番好きな詩人を問われれば、やはりジャン・コクトーかもしれない。もっとも私はフランス語が判らないので、原語ではなく堀口大學の訳で親しむのみだが。  もしもジャン・コクトー主催のパーティーに参加...
ミッドナイト・イン・パリ / Midnight In Paris (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 去年のカンヌ映画祭でオープニングを飾り、 今年のアカデミー賞作品賞、9作ノミネートのうち日本で公開となる最後の1本 アカデミー賞で脚本賞、ゴールデングローブ賞作品賞受賞! 2004年、NYから舞台をヨー...
ミッドナイト・イン・パリ (Akira's VOICE)
パリふれあい街歩き。  
ミッドナイト・イン・パリ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MIDNIGHT IN PARIS】 2012/05/26公開 スペイン/アメリカ 94分監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニーナ・アリ...
ミッドナイト・イン・パリ (心のままに映画の風景)
ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗し、憧れのパリを訪れた。 ある日、真夜中の街を彷徨っているギルの目の前に、一台のクラシ...
アレン流 タイムスリップ! (笑う社会人の生活)
映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。 婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた ある夜 彼は憧れの1920年代にタイムスリップしてしまい… ウディ・アレン監督作品 いや~...
ミッドナイト・イン・パリ (とりあえず、コメントです)
ウディ・アレン監督&脚本のコメディ最新作です。 夜中のパリにタイムスリップするって面白そうだなと公開を楽しみにしていました。 芸術家たちが華やかに集う様子にワクワクしながら主人公と共にパリをさまよえるような物語でした。
ミッドナイト・イン・パリ (映画と本の『たんぽぽ館』)
1920年代のパリへGO!                 * * * * * * * * *  ハリウッドの脚本家ギルは、 婚約者イネズと共に彼女の両親とパリへ来ていました。 憧れのパリ。 彼はこのままパリに移り住んで小説を書きたいと思うのですが、 現実的な....
「ミッドナイト・イン・パリ」 (或る日の出来事)
パリの真夜中、過去へタイムスリップ!?
『ミッドナイト・イン・パリ』 (beatitude)
ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)とともに愛するパリを訪れる。ワンパターンの娯楽映画のシナリオ執筆に虚しさを覚えているギルは、作家への転身を夢見て、ノスタルジー・ショップで働く男を主人公...
ミッドナイト・イン・パリ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足を運びました。  本作は実に他愛ない内容で、1920年代のパ....
映画:ミッドナイト・イン・パリ Midnight In Paris 好調ウディ・アレンが再現する1920年代のパリ。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
最近「それでも恋するバルセロナ」「Whatever Works」(邦題忘れた)と、好調な作品が続いているウディ・アレン。 今回もまた評判が良く、アカデミー賞に4部門もノミネーション。 (作品賞/監督賞/脚本賞/美術賞) という中、さっそく。 環境は英語で(字幕は中国...
ミッドナイト・イン・パリ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ミッドナイト・イン・パリ '10:米、スペイン ◆原題:MIDNIGHT IN PARIS ◆監督:ウディ・アレン「人生万歳!」「それでも恋するバルセロナ」 ◆出演: キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダム...
「ミッドナイト・イン・パリ」(MIDNIGHT IN PARIS) (シネマ・ワンダーランド)
米映画界の才人、ウディ・アレンがメガホンを執ったロマンティック・ファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」(2011年、米スペイン、94分、W.アレン脚本)。この映画は作家志望の米国人青年が、ヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソらが集う1920年代...
ミッドナイト・イン・パリ (Midnight in Paris) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ウディ・アレン 主演 オーウェン・ウィルソン 2011年 スペイン/アメリカ映画 94分 コメディ 採点★★★★ 「まぁ!?なんて後ろ向きな人!」と言われようが何であろうが、自分の過ごしてきたある一時期に対する思い入れが強い私。自分の楽しんでいる娯楽の原...
「ミッドナイト・イン・パリ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
今まで多くのタイムマシンものを見て来ましたが、こういうパターンは初めてだったので、楽しめました。3つ★半