読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・麦子さんと

2014年01月10日 | 映画(国内)

 

2013年 日本

 

 

声優を目指すアニオタ女子・麦子(堀北真希)23歳
母は幼い頃家を出ており、父が亡くなってからは兄・憲男(松田龍平)と二人暮らしをしている
そこへ突然、母・彩子(余貴美子)が現れ一緒に暮らしたいという
3人で暮らし始めてすぐ、憲男が彼女と同棲するといって家を出てしまい、残された麦子は戸惑いながらも母との生活を始めるのだった
彩子の行動すべてが気に入らない麦子だったが、無邪気に接してくる彩子を目の当たりにし、少しずつ母の存在を意識し始め、上手くいくかと思われた二人の生活
ところが、彩子が、麦子が密かに入学を考えている声優学校の案内書を勝手に見たことに腹を立て「私、あなたのこと、母親と思ってないから」と罵声を浴びせ突き倒してしまう
それから数日後、彩子は帰らぬ人となってしまった
母親を亡くしたという実感の無いまま、憲男に頼まれるがまま、納骨のため彩子の故郷へ向かった麦子は、そこで出会った人々と過ごした数日を通して自分の心の中にある母への思いに改めて気づかされるのだった

 

若い頃の彩子(堀北真希二役)と瓜二つの麦子を見て驚き盛り上がる町の人々
彩子は町で一番の伝説的なアイドルで誰からも愛されていました
歌手を目指すために上京したのですが、夢破れ、結婚、二人の子をもうけましたが夫の暴力と浮気で家を飛び出してしまったのでした

 

捨てられたのだと思い、母を憎んでいた麦子
彩子の友人・ミチル(麻生祐未)や彩子のストーカーだったタクシー運転手・井本(温水洋一)の言葉を聞き、母には母の深い事情があり、ずっとずっと麦子のことを気にかけていたのだということを理解した彼女は、恋しかった、素直になりたかった母親への感情を確認し、少女から一人前の大人に成長していくのでした

 


人が演じて出来上がった人生の機微を丁寧に描いた物語
こういう映画が好きです

 

 

どこか頼りなくていい加減だけど、本当は妹思いの兄を演じた松田龍平さん
独特の雰囲気が堀北真希さんとの絡みで絶妙な味を出していたと思います
あくまで堀北さんの引き立て役のようでしたが

 

余貴美子さんは安定感がありますね
堀北さんとソファに並んで座ってテレビを観ているシーンがありましたが、なんか二人の顔が似ているように感じられ距離が縮まらない親子そのものに見えたのが不思議でした

 

しかし、忘れてならないのは麻生祐未さんでしょう
麦子に、押し付けがましくなく大人であるとはどういうことかを教えてくれます
地味だけど芯のしっかりした女性をよく演じてらしたと思います

 

 

堀北真希さん
見る角度によって可愛かったり可愛くなかったり
ちょっと不思議な女優さんですね

 

目覚まし時計、カボチャを混ぜ込んだごはん、などの『小道具』がうまく使われているのも良かった

 

ラスト
田舎の一本道を、麦子が憲男に「今から帰る」と電話しながら歩くシーンに流れるのは
松田聖子「赤いスイトピー」
帰宅途中、ついつい口ずさんでいる自分でした (^_^;)

堀北さんが歌うシーンがありそうで無かったのは
松田聖子側からの要求? 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉村昭「星への旅」 | トップ | 吉田篤弘「モナ・リザの背中」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kintyre)
2014-01-12 13:54:16
こんにちは。私もこの映画観ました。
堀北は演技力抜群の女優ではないけど、あのホンワカした雰囲気がそうした部分を相殺しているような気がします。余貴美子さん、ご指摘通り安定感ありますね。
堀北が境内のステージで「赤いスイートピー」音程外してでも歌う姿を観たかった~。
kintyreさん (こに)
2014-01-13 11:06:09
コメント&トラバありがとうございます。
堀北さん、結構シリアスな役柄の多い女優さんですね。
なんだかんだ言って長続きしそうな予感がします。
「赤いスイートピー」
いよいよ♪ってとこで場面が切り替わってしまい力が抜けちゃいましたね。
(^_^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
麦子さんと~崩壊家族からの回復 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。吉田恵輔監督。堀北真希、松田龍平、余貴美子、温水洋一、ガダルカナル・タカ、ふせえり、岡山天音、田代さやか、麻生祐未。特定されているわけではないが、山梨県都 ...
『麦子さんと』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「麦子さんと」 □監督 吉田恵輔□脚本 吉田恵輔、仁志原了□キャスト 堀北真希、松田龍平、余 貴美子、温水洋一、麻生祐未■鑑賞日 1月4日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感...
麦子さんと (映画と本の『たんぽぽ館』)
残念な・・・ * * * * * * * * * * 声優になることが夢の麦子(堀北真希)は、 パチンコ店に務める兄(松田龍平)と二人暮らし。 ある日、まだ幼いころに家を出たきり音信不通だった母・彩子(余貴美子)が現れ、 同居することになってしまいます....
麦子さんと (単館系)
麦子さんと テアトル新宿 12/21公開 声優を目指して奮闘中の麦子(堀北真希)が、兄・憲男(松田龍平)と暮らすところに、 かつて二人を捨てた母・彩子(余貴美子)が戻ってくるが、間もなく病のために、 帰らぬ人となる。 麦子は、納骨のため母がかつて青春を謳...
『麦子さんと』 (2013) (相木悟の映画評)
ちょっぴり重く、ほんわか温かい愛しき親子ムービー! チクリと毒の効いた内容ながら、心地良い余韻を残すハートフルな一品であった。 本作は、新鋭の吉田恵輔監督が、長年温めてきた実体験を映像化。原作モノが氾濫する昨今、良質なオリジナルを送り出す吉田監督と名....
『麦子さんと』 (ラムの大通り)
----『麦子さんと』って、 『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の 吉田恵輔監督の作品だよね。 「そう。 『ばしゃ馬さん~』も “夢をあきらめること”を題材としたユニークな作品で 嫌いじゃないんだけど、 ぼくは、こちらを推したいな」 ----“麦子さん”を演じているのが堀...
麦子さんと (とりあえず、コメントです)
吉田恵輔監督&堀北真希主演で紡ぎ上げた、母の面影をめぐるドラマです。 ニット坊を被った可愛い堀北さんがどんな娘を演じているのだろうと気になっていました。 普遍的な母と娘の愛情とその絆に、すごく分かるなあと思いながらスクリーンを見つめていました。
映画『麦子さんと』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-1.麦子さんと■配給:ファントム・フィルム■製作年、国:2013年、日本■上映時間:95分■料金:0円(1カ月FP8本目)■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ錦糸町 □監督・脚本:吉田恵輔□脚本:仁志原了◆堀北真希◆余貴美子◆温水洋一◆松田龍平◆麻生裕未...
麦子さんと (映画的・絵画的・音楽的)
 『麦子さんと』をテアトル新宿で見ました。 (1)昨年11月に見た『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の吉田恵輔監督の続けての作品ということで見に行ってきました。  物語は、主人公の小岩麦子(堀北真希)が、兄の憲男(松田龍平)と二人で一緒に住んでいるところに(父....
『麦子さんと』を試写で観て、やはり断腸の思いで星三つだ★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★これも素晴らしい事は重々承知】 いい映画だ。 そして、ちょっとあざとい。 世の中のほとんどの誰もが親ってうざったいという「麦子さんと」の時期を通り ...
吉田恵輔監督『麦子さんと』出演・堀北真希、松田龍平、余貴美子、麻生祐未、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『純喫茶磯辺』『さんかく』『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の吉田恵輔監督、オリジナル脚本による『麦子さんと』出演は堀北真希、松田龍平、余貴美子、温水洋一、麻生祐未、ガダルカナル・タカ、ふせえり、他物語・
映画『麦子さんと』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
ミニシアター系の映画を観た事がない頃 DVD鑑賞した『机のなかみ』が、メチャ面白くて感激! 以来、『純喫茶磯辺』『さんか
麦子さんと ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
『純喫茶磯辺』『さんかく』など独特なセンスで注目を浴びる吉田恵輔監督が、構想に7年かけたハートフル・ドラマ。納骨のため亡き母の故郷を訪れたヒロインが、町の人々との交流を経て母の知られざる一面に触れ、それまでとは違う母に対する思いを抱いていく。声優を夢見....
『麦子さんと』('15初鑑賞23・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 3月8日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。