読書と映画とガーデニング

読書&映画&ウォーキング&落語&野球などなど、楽しく生活したいですね!

映画・マガレット・サッチャー 鉄の女の涙

2012年03月18日 | 映画(海外)

 

原題 The Iron Lady
2011年 イギリス


1979年から1990年まで11年という長期に渡り英国を率いたヨーロッパで最初の女性首相
「鉄の女」としてあまりにも有名なマーガレット・サッチャーの人生を描いた映画です

認知症を患い、夫が他界したことも忘れるようになった晩年
現在と過去が交互に描かれます
雑貨商の娘だった少女時代、市長まで務めた父の影響、デニス・サッチャーからのプロポーズ、下院議員当選、保守党党首当選、首相就任
テロリストとの戦い、フォークランド紛争、経済問題、労働争議問題
強い意思で英国民を導き、愛され、嫌われ、やがて保守党内で孤立、首相辞任


想像していたほど政治的な内容ではありませんでした
マーガレット・サッチャーというひとりの女性がジェンダーと戦い、政治的決断のためにどのような犠牲を払ったのか、いかに強く生きてきたのか
夫・デニスの亡霊は過去を振返るマーガレットに様々のことを思い起こさせます
あの時、自分は家族に心を寄せていただろうか、失った今となっては鉄の女が流す涙ももう遅い、というわけです
切ない映画でした


マーガレットが認知症の診察で医者に語る、父が彼女に教えたという言葉が印象的でした
考える→言葉になる→行動になる→習慣になる→人格になる→その人の運命になる

医者は痴呆のお婆さんが何を言うか、といった表情だったのですが…

メリル・ストリープの演技力があっての映画でしょう
最近は老けメイクに驚くこともありませんが、栄光の日々から遠ざかり、痛々しいまでの老いに向き合わなければならないマーガレットを演じきったメリル・ストリープはお見事でした

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野口卓「軍鶏(しゃも)侍」 | トップ | 池澤夏樹「叡智の断片」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たんぽぽ)
2012-03-21 21:00:02
どうも私には、不完全燃焼の作品だったのですが・・・、これは「女性首相」であることで、私が何かを期待しすぎたのかもしれません。
昔、大役を果たし、多くの人に慕われ・・・そういう人が晩年痴呆となる、という話ならゴロゴロありますよね。そしてまた、確かにそれはひとつのドラマになりそうです。
やはり私が何かを望み過ぎたのか・・・。
それにしても映画上のご主人は素敵だったですね。チャーミングで。
たんぽぽさん (こに)
2012-03-24 13:57:57
全体、作品の評価は低いみたいですね。
私は何の期待もなく観たからか、ある女性の一生みたいな感覚でした。
デニスから現エリザベス女王のご夫君を連想しました。一国を率いる女性の夫、相当キャパの大きな人間でなければ務まりませんよねぇ。
発声練習で「デニス!」と呼ばれた時の対応は、ちょっと気の毒じゃない?と思いました。
^^;
今後、サッチャー首相をモデルにした別の映画が作られる可能性もありますよね。
その時には観比べてみたいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」観に行ってきました。 イギリス初の女性首相であるマーガレット・サッチャーの豪腕政治と知られざる素顔にスポットを当てた、メリル・ストリープ主演の人間ドラマ作品。 2008年に長女のキャロル・サッチャーにより認知...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (Akira's VOICE)
切なさしか残らない!  
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Iron Lady。フィリダ・ロイド監督、メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、アレクサンドラ・ローチ、ハリー・ロイド、アンソニー・ヘッド、リチャード・E ...
『マーガレット・サッチャー -鉄の女の涙-』 2012年2月29日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マーガレット・サッチャー -鉄の女の涙-』 を試写会で観ました。 主演女優賞は伊達じゃありません 【ストーリー】  1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党のマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)が女性初のイギリス首相となる。“鉄の女”の異名...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (あーうぃ だにぇっと)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙@よみうりホール
映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady 認知症に苦しむ元首相が回想する1980年代。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
11年もの間(1979~1990年)イギリス初の女性首相を務めた マギー・サッチャーを描く。 まずユニークなのが、あくまでも「現在」を中心に、彼女を描いていること。 認知症に苦しむ日々がベースになっており、「回想」という形で彼女の栄光・挫折が挟み込まれる。 生存....
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
この作品で3回目のアカデミー賞主演女優賞を獲得したメリル・ストリープ。 なんとその彼女が緊急来日、 maru♪ちゃん のお誘いで舞台挨拶つきの試写会へ行ってきた! 会場はTOHOシネマズ六本木ヒルズ★ 登場はフィリダ・ロイド監督も一緒に。 監督は女性だったの...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 プレミア試写会 (メルブロ)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(原題: THE IRON LADY) 395本目 2012-07 上映時間 1時間45分 監督 フィリダ・ロイド 出演 メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー)  ...
現代社会のパイオニア。『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (水曜日のシネマ日記)
イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの物語です。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/The Iron Lady (LOVE Cinemas 調布)
第84回アカデミー賞で主演のメリル・ストリープが3度目のオスカーを獲得した作品。イギリス初の女性首相として“鉄の女”と呼ばれるほどの強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの首相時代と晩年の姿を交互に描き出す伝記ドラマだ。共演に『家族の庭...
映画レビュー「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Iron Ladyクチコミを見る◆プチレビュー◆英国初の女性首相の鋼鉄の意思とその裏側の苦悩を描く「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」。ストリープのなりきりぶりは必見だ。 【7 ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (とりあえず、コメントです)
主演のメリル・ストリープがアカデミー賞を受賞して話題の人間ドラマです。 予告編を観て、メリル・ストリープなのにサッチャーに見える!とびっくりしていました。 難しい時代の中、信念を持って自分を貫いていった一人の女性の人生を、 圧巻の演技力でじっくりと描いて...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(メリル・ストリープ、アカデミー賞主演女優賞受賞) (ラムの大通り)
(英題:The Iron Lady) ----ニャんだか難しい顔をしているニャあ。 「うん。 どこから話そうか。 この映画、題材からしてちょっと不思議だったんだ。 マーガレット・サッチャーという いまも存命中の女性政治家を描くことの意味が まずよく分からなくて…。 それ以前...
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (FREE TIME)
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を鑑賞しました。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (A Day In The Life)
劇場にての観賞 解説 イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮した マーガレット・サッチャーを、『クレイマー、クレイマー』 『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープが演じる人間ドラマ。 1979年の就任以来、強気の姿勢でイギリスを導いて“...
メリル専用映画。 【映画】マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーを メリル・ストリープが演じる人間ドラマ。メリルがオスカー受賞。 【あらすじ】 1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党のマーガレット・サッチャー(メリ...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 日英の大きなギャップ (映画のブログ)
 うまいオープニングだ。映画はあり得ないようなシチュエーションではじまり、観客をギョッとさせる。  なんと老いたマーガレット・サッチャーがスーパーのレジに並び、ミルクを買っているのだ。首相経験者...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (労組書記長社労士のブログ)
【=15 -0-】 昨日、無事に当労組の春闘が妥結した、賃金制度維持が精一杯だったが、委員からはよくやったと褒めて貰えている、でも・・・。 で、この映画、メリル・ストリープがアカデミー賞で主演女優賞を受賞したことで見たくなった。 しかしサッチャーという人に関し...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (映画と本の『たんぽぽ館』)
燃え尽きて、白い灰になる・・・                 * * * * * * * * * * まだ記憶に新しい、1979年、イギリスで初の女性首相となった マーガレット・サッチャーの半生を綴ります。 この作品は、とうに引退し老いたマーガレッ...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 FeelingではなくThinking (はらやんの映画徒然草)
アイアン・レディ(鉄の女)と呼ばれ、チャーチルに並んでイギリスの名宰相と言われる
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」女は強し! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マーガレット・サッチャー鉄の女の涙] ブログ村キーワード  "第84回アカデミー賞・主演女優賞受賞”「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(GAGA★)。英国史上初の女性宰相にして“鉄の女”と称された辣腕政治家の半生を、名女優メリル・ストリープが熱演しておりま...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」□監督 フィリダ・ロイド□脚本 アビ・モーガン□キャスト メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、       スーザン・ブラウン、ニック...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (だらだら無気力ブログ!)
メリル・ストリープの演技が全て。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★”闘いのトラウマと亡き夫の幻に翻弄される老女の物語”この物語の主人公は、首相時代のマーガレット・サッチャーではなく、政界から引退し年老いて認知症を患っているマーガレット・サッチャーだと自分は思っています。 冒頭のストアのシーンでは、単に牛乳...
マーガレット・サッチャー (映画的・絵画的・音楽的)
 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クマネズミは、元来、伝記物は嫌いですが(取り上げる人物を美化するだけに終わってしまいますから)、この作品は、長年見続けてきているメリル・ストリープ(注1)がアカデミー賞主演女優...
フィリダ・ロイド監督 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
義父の葬儀も一段落した3月27日の公休、ひとり映画鑑賞 原題⇒TheIronLady オフィシャルサイト⇒http://ironlady.gaga.ne.jp/ 【あらすじ】 夫は他界、子供たちは独立し、ひとり静かに晩年を送るマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)。 夫の遺品を整理す...
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-32.マーガレット・サッチャー鉄の女の涙■原題:The Iron Lady■製作国・年:イギリス、2011年■上映時間:105分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:フィリダ・ロイド◆メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (いやいやえん)
「教えて。あなたは幸せだった?」 政治に疎い私なので、当たり前ながら「しまったこれは調べてから観るんだった」と後悔。色々な世情が全くわからないです、ともすれば、主人公であるマーガレット・サッチャーって誰?からはじまってしまいます^;(英国初の女性首...