読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・最強のふたり

2012年09月07日 | 映画(海外)

 

2011年 フランス

原題 INTOUCHABLES

英題 UNTOUCHABLE

 

 

スラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)と、パリの邸宅に住む大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)という、なにもかもが正反対の男たちの実話に基づいた物語

 

映画冒頭、高級車で高速道路をブッ飛ばす二人

車内に大音量で流れるのはアース・ウインドゥ&ファイア「セプテンバー」

何て気持ち良さそうなんでしょう!

俺たちは最強だぜ!と言わんばかりの楽しそうな二人の様子に、いやが上にも期待が高まります

 

パラグライダーの事故で首から下が麻痺し車椅子生活を送るフィリップの介護者に応募してきたドリス

彼は職を得るためではなく不採用の証明書3枚で支給される失業手当を得るためにやってきたのだった

皮肉屋、辛辣、我の強いドリスを面白そうだと気に入ったフィリップは彼を採用する

フィリップもかなり強情で妥協しない一筋縄ではいかない男です

 

屋敷内に個室を用意され、ドリスの介護訓練の日々が始まります

なにせ、初めての経験

お気楽、マイペースを崩さないドリスは周囲をハラハラさせますが、徐々に屋敷の人間たちに受容れられていきます

前任者はいずれも一週間で逃げ出したというほどの傲慢で気難しいフィリップですが、直球勝負といいますか何も考えていないといいますか、フィリップを障碍者とはみなさず正直に正面から向かってくるドリスに対し心を開き始めます

 

 

首から下を全く動かさず頭の動き、表情だけで演技するフランソワ・クリュゼ

対して、ひと時もじっとせず軽快に動き回るオマール・シー

 

移民と障碍者

下層階級と富裕階級

服も話し言葉も音楽の趣味も正反対

実に単純な構図ですし、いたわりや同情、気遣いなど全く関係ない友情は観ていて気持ちの良いものです

 

 

カラッとした笑いの中、知らぬ間に感動している自分がいました

使用されている楽曲も好みでしたし、本当に期待通りの素晴らしい映画でした

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中村弦「ロスト・トレイン」 | トップ | 三浦しをん「しをんのしおり」 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
だから世の中は面白い (たんぽぽ)
2012-09-07 20:14:33
これが実話に基づく、というのがまたすごいですよね。
車椅子の暴走族とは爽快です!
ところで、今作の原題はつまり「アンタッチャブル」なんですね?
なるほど・・・。それで最強の二人。
これもまたニヤリとさせられますね。
Unknown (ぷらずりん)
2012-09-08 13:25:05
これ、面白そうですね。DVDになったら借りてみます→映画館いかんかい!(笑)
たんぽぽさん (こに)
2012-09-08 16:22:36
寄るな!触るな!ってね。(^_^)
最後に出てきた実際のお二人、映画と全く同じイメージでしたよね。
多くの人に観てもらいたい素晴らしい映画なのに、県内では2館でしか上映されていないのが残念です。
ぷらずりんさん (こに)
2012-09-08 16:23:19
絶対観てくださいね!
約束ですよ~。
Unknown (ぷらずりん)
2012-09-09 11:52:04
設定を確認したところ、
トラバは承認しないと表示しない設定になってました。今まで気づかなかった(汗)

でも送れない設定ではないです。ライブドアブログは原因不明でトラバ送れないことがあるみたいです。お手数かけてすいません。
ぷらすりんさん (こに)
2012-09-10 21:27:34
そうでしたか。
再挑戦しましたがやはりダメみたいです。
まぁ、そういう時もあるさってことで。
今後もお付き合いのほど、宜しくお願いします。^^
尊厳~ (cyaz)
2012-09-11 08:22:24
こにさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

下馬評どおりの秀作だったと思います。
二人の明らかなるギャップは観ている側を
実に楽しませてくれましたし、
根底に流れる人間としての尊厳や優しさや温かさを、
十二分に感じた次第です。
cyazさん (こに)
2012-09-11 09:24:37
ヨーロッパ各国では大ヒットのようですね。
日本ではどうでしょうか、楽しみです。
>根底に流れる人間としての尊厳や優しさや温かさ
確かに!
頑固だけれど意固地ではなく柔軟、人として真っ当なな二人、まさに「最強」でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
最強の二人 (映画と本の『たんぽぽ館』)
彼だけが私に同情しなかった                      * * * * * * * * *  首から下が麻痺して全く動かないという身体障害者のストーリー ・・・と聞くとちょっと構えてしまうものですが、 このストーリー、実話を元にしていなが...
劇場鑑賞「最強のふたり」 (日々“是”精進! ver.F)
固い絆で結ばれた、“ふたり”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020003/ A Second Windフィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ アチーブメント出版 2012-08-30売り上げランキング : 14504Amazonで詳しく見る by ...
最強のふたり (あーうぃ だにぇっと)
最強のふたり@シネマート六本木
最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ....
最強のふたり (心のままに映画の風景)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、生活保護の申請目当てに面接にきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)を新しい介護者として採...
『最強のふたり』 (ラムの大通り)
(原題:Intouchables) ----この映画、 確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。 すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。 「うん。 タイトルも不思議でね。 電動車椅子に乗っている白人と それを介助している黒人。 このふたりに“最強”とい...
~『最強のふたり』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:フランス映画、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督&脚本、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、グレゴア・オスターマン出演。
『最強のふたり』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■...
最強のふたり  監督/エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ (西京極 紫の館)
【出演】  フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ 【ストーリー】 パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身の黒人青年ドリスだが働く気はなく、目的は“不採...
最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ (労組書記長社労士のブログ)
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた~(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者...
最強のふたり  INTOUCHABLES (映画の話でコーヒーブレイク)
話題のフランス映画です。 2011年にフランスで最大のヒットとなり、 東京国際映画祭のコンペティション部門で東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞 セザール賞で8部門がノミネートされ、主演男優賞を受賞 というだけあって人気が高く、 平日なのにネットでチケット...
『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い (映画のブログ)
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...
最強のふたり (Akira's VOICE)
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。  
「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク (はらやんの映画徒然草)
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
映画「最強のふたり」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「最強のふたり」観に行ってきました。頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから...
最強のふたり (にきログ)
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね~ あらすじ 不慮の事故で全身...
最強のふたり (悠雅的生活)
先導。ウザい詩。Earth, Wind & Fire。
映画『最強のふたり』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
9月の3連休の後半に関東に行っておりました。 娘が休みを取れなかったので 夕ご飯だけ、新宿で一緒にとることにしました。
最強のふたり (だらだら無気力ブログ!)
とっても良い映画だった。
[映画][☆☆☆☆★]「最強のふたり」感想 (流浪の狂人ブログ~旅路より~)
 エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督・脚本。実話を基に、全身麻痺の富豪と、彼の介護人となった貧民層の黒人青年との交流と友情を描いたヒューマンストーリー。 「感動作」=「泣けるエピソードのパッチワーク」が常識化してしまった映画業界に、一石を投...
映画『最強のふたり』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマー...
最強のふたり (仲間が増えるといいなぁ・・・)
てっきり、英語なのかと思っていたら、フランス語だったの。どのみち、字幕を読まないとわからないのですけれど・・・さて、この映画は2012年9月から上映されていますが、まだ、上映されていたのです。ロングランですね~昨年、気になっていたのですが、なんだかんだと、....