読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・帰ってきたヒトラー

2016年06月25日 | 映画(海外)

 

原題 Er ist wieder da
2015年 ドイツ

 

 

 

2014年10月
公園の茂みの中で目覚めた一人の男
何と!
彼は〈絶対悪〉アドルフ・ヒトラーその人
総統地下壕から現代へタイムスリップしてきたらしいのです
地下壕を捜して街中をウロウロ
女性に声をかけ唐辛子スプレーを浴びせられフラフラになりながら行き着いたキオスクの店主に助けられ、自分の置かれた状況を把握します
理論家であるヒトラーは現状にパニックを起こすこともなく、キオスクに置かれている新聞や雑誌から、戦争に負けたこと、領土が大幅に減らされたこと、東西ドイツに分割された後、統一されたこと、今のドイツを率いている首相や大臣たち、各政党のスローガンなどを知り、あろうことか、現代ドイツに自分がやってきたのは、現代の腐りきったドイツを過去の強いドイツに戻すための神意であると理解するのです

やがてヒトラーの物真似芸人としてブレイクした彼は、再び大衆の心をとらえ始めるのでした

 

笑えるけど笑いごとじゃない
いやいや、全くその通り
ここまで真剣に国のことを考えている政治家が他にいるのか?
ヒトラーの指摘はごもっとも、と思えてきてしまうのです
彼が『いい人』に見えてくるのです

自分を選んだのは国民だ
この台詞は事実なのです 

 

 

原作も読みました
原作もそら恐ろしい気持ちになりましたが原作とは違う結末により恐怖感が増し愕然としました
何と恐ろしいことでしょう…

 

原作ではキオスクの主人がヒトラーに
「ブルーノ・ガンツのヒトラーははまり役だったけれど、おたくは全体のたたずまいが…言っちゃなんだが、まったく、あれの本人みたいなんだよね」と言いドイツ式敬礼(年月を経てヒトラーの時代とは大きく変わってしまった)をする件があります
そうそう、『ヒトラー 最期の12日間』のガンツもよく似ていました

本作でヒトラーを演じるのは無名の舞台俳優オリヴァー・マスッチ
素顔はヒトラーとは似ても似つかぬ優しげな方
特殊メイクで頑張ったそうです

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葉室麟「春風伝」 | トップ | ティムール・ヴェルメシュ「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
帰ってきたヒトラー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 他のヒトラー映画と一線を画す戦略が大成功!(笑)
『帰ってきたヒトラー』 2016年4月20日 イイノホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『帰ってきたヒトラー』 を試写会で鑑賞しました。 外国映画配給会社の授賞式があったけど、ギャガが最優秀賞で20世紀FOXが優秀賞であった。 個人的には東宝東和が最優秀賞だと思う...
帰ってきたヒトラー (試写会) (風に吹かれて)
歴史は繰り返す? 公式サイト http://gaga.ne.jp/hitlerisback6月17日公開 原作: 帰ってきたヒトラー (ティムール・ヴェルメシュ/河出文庫) 1945年に死んだはずのア
帰ってきたヒトラー (あーうぃ だにぇっと)
帰ってきたヒトラー@イイノホール
帰ってきたヒトラー / Er ist wieder da (勝手に映画評)
市中での撮影は、映画の撮影と言うことを隠して撮ったらしいので、その後映画として公開するときに了承を得られなかった人には、目隠しなどの加工がされています。 いや、でも、こ...
『帰ってきたヒトラー』 (beatitude)
ヒトラーの姿をした男(オリヴァー・マスッチ)が突如街に現れる。リストラされたテレビマンに発掘された男は、復帰の足掛かりにテレビに出演させられる。男は長い沈黙の後、とんで...
『帰ってきたヒトラー』 (こねたみっくす)
現代ドイツの不満はアドルフ・ヒトラーにお任せあれ! 20世紀最悪の独裁者とも呼ばれたアドルフ・ヒトラーが現代に蘇るも、誰もが彼をよく出来たモノマネ芸人としか認識しない。そ ...
「帰ってきたヒトラー」 (ここなつ映画レビュー)
コメディと見せかけて、如実に今のドイツにある危機感を示している。現代のドイツにタイムスリップして現れたヒトラー。荒唐無稽だし、笑ってしまうけれど、本当は笑うに笑えない。...
「帰ってきたヒトラー」☆ブラック過ぎて笑えねぇっ! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ドイツでベストセラーとなった原作小説の表紙の、ちょび髭の部分にもデザインされているように『笑うな危険』なのである。 ブラックすぎて顔が引きつってくるけど、どうしても笑っ...
帰ってきたヒトラー (映画好きパパの鑑賞日記)
 ヒトラーが現代にタイムスリップしたという奇想天外のストーリー。世界情勢をみると原作小説の発表された2012年、映画が製作された昨年よりも、さらに、この映画の現実味が増...
帰ってきたヒトラー〜どーするEU (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ドイツ映画。原題:Er ist wieder da、英題:Look Who’s Back。ティムール・ヴェルメシュ原作、デヴィッド・ヴェンド監督。オリヴァー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ、クリ ....
帰ってきたヒトラー・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
大衆よ、我を恐れよ。 ティムール・ヴェルメシュの、ベストセラー政治風刺小説の映画化。
 死の直前に現代のドイツにタイムスリップしたヒトラーと、ボンクラTVディレクターがひ...
帰ってきたヒトラー (映画と本の『たんぽぽ館』)
世界は大丈夫か * * * * * * * * * * ドイツのベストセラー小説を映画化したもの。 あのヒトラーがタイムスリップして現代に蘇る・・・。 私はもっとコミカル...
帰ってきたヒトラー  監督/ダーヴィト・ヴネント (西京極 紫の館)
【出演】  オリヴァー・マスッチ  ファビアン・ブッシュ  クリストフ・マリア・ヘルプスト 【ストーリー】 ナチス・ドイツを率いて世界を震撼させた独裁者アドルフ・ヒトラーが、...
帰ってきたヒトラー/ER IST WIEDER DA/LOOK WHO'S BACK (我想一個人映画美的女人blog)
 歴史上、〈絶対悪〉であるヒトラーが現代に甦り、 モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターに という小説が2012年にドイツで出版。 絶賛と非難あり...
[映画『帰ってきたヒトラー』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・非常に、色々と考えさせられる作品だった。 大戦末期の、かつての現役のヒトラーが現代のドイツにタイムスリップ、まったくもってヒトラーそのままに、周囲からは新進のコ...
帰ってきたヒトラー ER IST WIEDER DA (まてぃの徒然映画+雑記)
随分と評判がいいらしく、この日のTOHOシネマズ新宿は小さなスクリーンで満席、ここシャンテも残り2席だけという人気ぶり。総統府の地下壕で自決したはずのヒトラーがタイムスリッ......
現代にもヒトラーは (笑う社会人の生活)
23日のことですが、映画「帰ってきたヒトラー」を鑑賞しました。 1945年から現代にタイムスリップしたヒトラー、彼はテレビマンにより、モノマネ芸人としてテレビに出演させられる......
「帰ってきたヒトラー」Er ist wieder da (2015 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
現代にタイムスリップした超有名人が、TVマンに見出され、ものまね芸人として人気を得ていく。なにしろ、本人だから。なんか、ありがちなストーリー。しかしこれがドイツにおけ......
帰ってきたヒトラー (銀幕大帝α)
ER IST WIEDER DA/LOOK WHO'S BACK 2015年 ドイツ 116分 コメディ 劇場公開(2016/06/17) 監督: ダーヴィト・ヴネント 原作: ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』 脚......
映画評「帰ってきたヒトラー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年ドイツ映画 監督ダーヴィト・ヴネント ネタバレあり
「帰ってきたヒトラー」 (或る日の出来事)
あなた、どこのヒトラー?