読書と映画とガーデニング

読書&映画&ウォーキング&落語&野球などなど、楽しく生活したいですね!

映画・のぼうの城

2012年11月14日 | 映画(国内)

 

2011年 日本

 

和田竜さんによる原作は読んでおらず、映画も鑑賞予定に入れていなかったのですが

口コミ情報での評判は上々、さらに佐藤浩一ファンの主人がどうしても行きたい、と言うので夫婦50割で観てきました

 

天下統一目前の関白、豊臣秀吉の命により小田原城の支城、忍城を取り囲む石田三成軍20,000人に対し、忍城に残っているのはたった500人

多勢に無勢、強き者に敢然と立ち向かう集団の話は判官贔屓という言葉もあるように日本人のもっとも好むものです

 

映画冒頭、羽柴秀吉による備中高松城の水攻めのシーン

すごい迫力にぐっと引きこまれ、そのままエンディングまで一気でした

 

忍城側

成田長親(野村萬斎)、正木丹波守利英(佐藤浩一)、酒巻靭負(成宮寛貴)、柴崎和泉守(山口智充)

それぞれの個性がうまく噛み合い見事なチームワークを見せます

 

主人公は狂言師である野村萬斎さん以外あり得ません

田楽踊りなど、絶対普通の俳優さんには無理ですよね

個性豊かな武将たちや領民たちを見事に束ねる「でくのぼう」ぶりも、別の俳優さんだと変に作った感じになりそうです

 

佐藤浩一さんの騎馬武者姿には惚れ惚れします

乗馬を練習されたとか、流石一流の俳優さんは違います

 

成宮君、実戦経験も無い成長途中の若武者ですが、良き上司(?)たちに恵まれて文句を言いながらも楽しそうです

先輩武者たちにタメ口で話したりして、彼の台詞だけが現代人っぽい口調なのですが、案外400年前もそんな風だったのかもしれませんね

「~でござる!」ばかりでは堅苦し過ぎます

 

ぐっさんの奮闘ぶりは「レッドクリフ」の張飛みたいで、迫力満点でした

 

 

豊臣側

豊臣秀吉(市村正親)、石田三成(上地雄輔)、大谷吉継(山田孝之)、長束正家(平岳大)

 

絶対的に上に君臨する秀吉の下

こちらも個性の違う3人の武将の対比を興味深く観ました

 

 

今の日本人が見失ってしまった自信と誇りを見せてくれた忍城の面々

困難な問題にも立ち向かっていくことの重要性を教えてくれました

 

 

 

領民の子供役の芦田愛菜ちゃんが随分幼いと思いましたら、昨年公開予定だったものを、水攻めのあまりのリアルさに公開を延期したのだそうですね

確かに、水が襲ってくるシーンや水が引いた後の様子は、辛い記憶を呼び覚ますものです

 

エンドロールでピエール瀧さんの名前を見ましたが、はて、どの役だったのかしら?

 

成田長親は最後には尾張で暮らした、とのこと

ご子孫は何の因果か、名古屋市内で水道工事関係の会社を経営されているとか

全く知らなかったお侍が、案外身近な人だった、ということでもとても楽しめた映画でした

 

忍城があったのは現在の埼玉県行田市

以前勤めていた会社で行田市に取引先があったのですが「ゆきたし」と読んで「ぎょうだしです!」と訂正されたことがありました

機会があれば行田市を訪ねて今も現存する石田三成が作らせたという堤の一部を見てみたいものです

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤沢周平「橋ものがたり」 | トップ | 荻原浩「花のさくら通り」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オーラ (たんぽぽ)
2012-11-15 20:33:16
こんばんは~。
私もこの作品、大好きでした。
野村萬斎さんは、いるだけでぎゅっと周りの目を引きつけるオーラがあると思うのです。だからこの役は本当にピッタリでした。
佐藤浩市さんの騎馬武者、はい、惚れ惚れしました。カッコイイですよねえ。
この二人の掛け合いもまた絶妙で。
見応えのあるエンタテイメントでした。
たんぽぽさん (こに)
2012-11-15 20:47:16
萬斎さん以外には考えられませんよね。
映画化の話が持ち上がってからかなりの年数が経っているそうですが、よくぞ萬斎さん待っていてくださいました!
上地・三成もなかなか良かったです。彼って、あんなにイイお顔だったのかしらね。
最初は誰なのかわかりませんでした。(^_^;)
久々「万歳!」な邦画を観ました。
ピエール瀧 (ねこやま)
2012-11-25 16:46:19
堤を壊そうとしていた中尾くんを見咎めた村人Aです。
そして崩壊時に流されてしまい、遺体となっているシーンもありました。

わたしも野村さんと佐藤さんが好きなので見に行ってきました。
ブラウザゲームで戦国モノをやっているのですが
そこで騎馬鉄砲なるものがでてきますが
実際にやるとああなるのかって得心いったのでした。
おもしろかったですねー映画!
個人的には上地くんが意外と違和感なくこなしていたのに感心しました。
逆に甲斐姫の現代っ子っぷりのが気になってしまいました。
そうそう、ぐっさんのあの演出に「レッドクリフ」の張飛を連想したのはわたしだけではなかったようですね 笑
ねこやまさん (こに)
2012-11-26 22:33:59
ピエール瀧さん情報ありがとうございます!
あ~、あの役、顔までははっきり思い出せず…。
上地君、三成に合ってましたね。
私も甲斐姫に関しては?でした。
鈴木保奈美さんのおっとり奥方と萬斎さんの組み合わせをもっと出してくれたらいいのに、と思いましたけどネ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
のぼうの城 (佐藤秀の徒然幻視録)
のぼうの田楽、石田三成の猿楽 公式サイト。犬童一心、樋口真嗣監督、野村萬斎(振付も)、上地雄輔、榮倉奈々、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、山田孝之、平岳大、前田吟、鈴木保奈 ...
のぼうの城 (だらだら無気力ブログ!)
期待どおり楽しめた作品で、キャスティングがイイ!
のぼうの城 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
『のぼうの城』オフィシャルブッククチコミを見る強大すぎる敵に立ち向かった実在の武将・成田長親の姿を描くユニークな時代劇「のぼうの城」。水攻めのシーンは今見ても胸が痛む ...
のぼうの城 (悠雅的生活)
20,000VS500。水攻め。嫌なものは嫌。
のぼうの城 (とりあえず、コメントです)
和田竜の原作を犬童一心&樋口真嗣の二人の監督と、野村萬斎主演で映像化した作品です。 文庫本になった原作を公開まで待ちきれなくて読んでから、観るのをずっと楽しみにして来ました。 迫力の映像と共に、約400年前の世界に引き込まれるような物語が綴られていました。 ...
のぼうの城 (映画と本の『たんぽぽ館』)
戦いまする                       * * * * * * * * *  本を先に読んでいて、大好きだったのと、野村萬斎ファンでもありますので、 すぐに見に行きました。 今作はもともと脚本として書かれたもので、 それを小説に書き直し....
「のぼうの城」 人の力と銭の力 (はらやんの映画徒然草)
和田竜さんの小説「のぼうの城」の映画化作品です。 こちらについては珍しく原作を先
映画「のぼうの城」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「のぼうの城」観に行ってきました。戦国時代末期、豊臣秀吉の配下だった石田光成率いる2万の軍勢に攻められながら、たった500の兵力、避難してきた民百姓を含めても300...
『のぼうの城』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「のぼうの城」□監督 犬童一心□脚本・原作 和田竜□キャスト 野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳 大、       西村雅彦、平泉 成、夏八木 勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田 吟、中尾明慶、  ...
のぼうの城 (映画的・絵画的・音楽的)
 『のぼうの城』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、1年前に劇場公開される予定だったものが、3.11によって今頃公開の運びとなったものです。  物語の舞台は、およそ400年前、戦国時代末期の忍城(現在は、埼玉県行田市)。  時の関白の豊臣秀吉(...
のぼうの城 コミカルでキャスティングも変テコで下手すりゃB級になりそうなのに・・・! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=57 -6-】 明日の朝から米子で仕事なので前日入り、岡山から14時5分の特急やくもに乗るはずやったのに倒竹があったようで午前からその列車までが運休となる。 次の15時5分から運転再開となるのだが指定席は取れなかったので、2時間ちょっと立っては辛いしまだまだ時間...
のぼうの城 (いやいやえん)
これ劇場で見たかった作品でした。だって戦国時代でしょ、しかも忍城攻め。原作は弟がもっていたのですが、わざと未読。それでもキャスティングはどうかと思いましたよ、案の定でしたが。 忍(おし)城の攻防戦を描いた作品で、対するは石田三成率いる2万の大軍。史...
のぼうの城(2012-144) (単館系)
のぼうの城 MOVIX川口 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には 最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。 その城には領民からでくのぼう...