読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・まほろ駅前狂騒曲

2014年10月26日 | 映画(国内)

 

2014年 日本
原作 三浦しをん「まほろ駅前狂騒曲」

 

 

多田(瑛太)&行天(松田龍平)
互いを苗字で呼び合う三十路男が二人
便利屋と助手(居候)、まほろ市内の中学時代の同級生で共にバツイチ
責任感が強く他人を放っておけない性格から客の依頼だけでなく人生まで背負い込んでしまう多田とマイペースで風来坊、脱力しながら喧嘩にはめっぽう強い行天
正反対なようで何故かいつも一緒にいる(歩くときはいつも多田が前)二人の周囲では今日も様々なトラブルが発生する

 

今回のメイン事件(?)は多田便利軒が行天の遺伝子上の娘・はる(岩崎未来)をひと月半だけ預かることになり、当初は激しく抵抗していた行天が多田の言葉に促されるように子供を受容れていく様と、また多田もはると暮らすことで自分の過去に向き合えるようになり、「番外地」で客として知り合った柏木さん(真木ようこ)との恋にも進展が見られること、それと横中バス間引き運転に抗議する岡老人(麿赤兒)たちが引き起こしたバスジャック事件の顛末
バスジャックされたバスに偶然乗り合わせた行天と胡散臭い農業生産販売団体HHFAの代表・小林(永瀬正敏)がHHFAの前身である新興宗教団体で一緒だった、というエピソードから行天の過去も徐々に明らかになっていきます

 

多田&行天の脱力系男二人にたっぷり笑わせてもらいました
笑ったかと思うと、瞳や背中に男の悲哀を感じさせる瑛太&松田龍平は本当にハマリ役です
何を着てもカッコ良くなってしまう二人を、まほろ町の風景に見事に溶け込ませるダサイ衣裳はお見事!
衣裳係さんにナイス!です

 

 

どうしても原作と比較してしまいますが
行天の小指が再び切り落とされるシーンは原作通りが良かったかなぁ
駅前広場という設定が用意出来なかったのかしら
HHFAとやくざの戦争もどっか消えちゃってたし
ま、そんなところですかね

 

しをんさんの著作で、男二人といえば「月魚」「政と源」なども映像で観てみたいと思うのですが
どちらも瑛太&龍平で
「月魚」は若い頃
「政と源」は年老いてから
しか思い浮かびませんねぇ

 

主役の二人ばかりに目がいってしまいますが
麿赤兒さん、岩崎未来ちゃんも良かったです

 

このシリーズ
原作も映像も続編を熱く熱く希望します

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉田篤弘「圏外へ」 | トップ | 映画・小野寺の弟・小野寺の姉 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ススキノ探偵も・・・ (たんぽぽ)
2014-10-27 19:58:17
こんばんは~。
私も、三浦しをん作品の「男二人」作品、大好きです。
本作を観てしまうと、やはり主役にはこの2人しか思い浮かびませんね。
松田龍平さんは、北海道のご当地作品「探偵はBARにいる」で、大泉洋さんともいい味出したコンビを組んでいますよね。それもまた良いのだわ~。
そちらの続編も楽しみにしています。
たんぽぽさん (こに)
2014-10-29 08:30:22
トラバありがとうございます。

「探偵は~」と聞くと、札幌ドームに行った頃がちょうど「2」の公開時期だったの(&大谷君初勝利)を思い出しますヨ。
大泉さんも松田さんもお忙しいことでしょうがファンとしては続編の公開が待ち遠しいですよね~。

瑛太&松田龍平の後を継ぐのは一体誰でしょう?
楽しみなのと同時に新しい側面も見せて欲しいです♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
まほろ駅前狂騒曲~なぜか1Q84ぽい (佐藤秀の徒然幻視録)
真面目と不真面目の境目のない世界 公式サイト。三浦しをん原作、大森立嗣監督。瑛太、松田龍平、高良健吾、真木よう子、本上まなみ、奈良岡朋子、新井浩文、三浦誠己、古川雄輝 ...
『まほろ駅前狂騒曲』 2014年10月8日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『まほろ駅前狂騒曲』 を試写会で鑑賞しました。 前作も見たけど、内容はさっぱりおぼえてません。 『まほろ駅前 多田便利軒』 【ストーリー】  まほろ市で便利屋を営む多田啓介(瑛太)のところへ、中学時代の同級生・行天春彦(松田龍平)が転がり込んで3年目。行...
まほろ駅前狂騒曲 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
三浦しをんのベストセラー小説を実写化した『まほろ駅前』シリーズ第2弾。多田と行天の便利屋コンビが、前身が新興宗教団体という怪しげな組織を調査するうちに思わぬ事態に遭遇していく。監督に大森立嗣、主演には『ディア・ドクター』などの瑛太に『舟を編む』などの松....
まほろ駅前狂騒曲/瑛太、松田龍平 (カノンな日々)
三浦しをんさんのベストセラー小説を瑛太さんと松田龍平さんのコンビで映画化した人情コメディ・ドラマ『まほろ駅前多田便利軒』はその後TVドラマ版「まほろ駅前番外地」の第2弾へ ...
大統領の料理人/カトリーヌ・フロ (カノンな日々)
フランス大統領官邸史上で唯一の女性料理人を実話に基づき描いたハートフルなフード・ムービーです。男性社会と言える大統領官邸の厨房で周囲の反発を受けながらも孤軍奮闘、素晴 ...
『まほろ駅前狂騒曲』をトーホーシネマズ府中1で観て、映画のような、映画じゃないようなふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★うん、気持ちいいダラダラをよしとすべきか、すべきでないか】   映画前作は観てるが、間に挟まってるTVシリーズは未見。 真木よう子はTVからのキャラ ...
まほろ駅前狂騒曲/多田・行天コンビ再び! (MOVIE BOYS)
三浦しをんの同名ベストセラー小説の実写化第2作。監督、主演は前作と同じく大森立嗣、瑛太、松田龍平が務める。映画シリーズは2作目だが、テレビ東京でその間のエピソードである『まほろ駅前番外地』が放送されていて、そこから真木よう子がヒロインとして参加した。他に...
映画『まほろ駅前狂騒曲』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
前作もテレビシリーズも大好き! 多田便利軒が帰ってきました。   『まほろ駅前狂騒曲』(公式サイト)を 観て参りました。
映画 まほろ駅前狂騒曲 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    横中バスが、間引き運転していないか   調査を依頼していた岡。   多田便利軒が仕事がないから   依頼していたと思っていたのに   横中バスが、...
まほろ駅前狂想曲 (映画好きパパの鑑賞日記)
 三浦しをん作の人気シリーズの映画2作目。その間にテレビドラマもやっており、映画もドラマも好きだった僕としては、瑛太、松田龍平のコンビが見られるだけでうれしいのだけど、肝心の内容が今一つ。ファンサービスと考えればいいのでしょうかね。  作品情報 2014年...
まほろ駅前狂騒曲 (to Heart)
原作 三浦しをん『まほろ駅前狂騒曲』(文藝春秋刊) 脚本 大森立嗣/黒住光 監督 大森立嗣 主題歌 くるり『There is (always light)』 出演 瑛太/松田龍平/高良健吾/真木よう子/本上まなみ/新井浩文/三浦誠己/古川雄輝/横山幸汰/岩崎未来/麿赤兒/松尾スズキ/大森南朋/岸....
まほろ駅前狂騒曲 (花ごよみ)
原作は三浦しをんの小説。 映画「まほろ駅前多田便利軒」、 その続編のテレビドラマ 「まほろ駅前多田番外地」に続きます。 映画としては2作目。 監督は大森立嗣。 主演は瑛太と松田龍平、 それに高良健吾、真木よう子、本上まなみ、 大森南朋など前作の映画版や、 ...
『まほろ駅前狂騒曲』 (beatitude)
東京の郊外にある治安がいいとは言えないまほろ駅前で便利屋を営む多田啓介(瑛太)のもとに中学時代の同級生・行天春彦(松田龍平)が転がり込んでから3年目、多田便利軒には相変わらずあくが強い客や奇妙な依頼が舞い込んでいた。これまで会ったことのなかった行天の実....
『まほろ駅前狂騒曲』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「まほろ駅前狂騒曲」□監督 大森立嗣□脚本 大森立嗣 黒住光□原作 三浦しをん□キャスト 瑛太、松田龍平、高良健吾、真木よう子、本上まなみ、大森南朋、永瀬正敏■鑑賞日 10月26日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの...
まほろ駅前狂騒曲 (Noinuの云いたい放題、やりたい放題)
はるちゃんと行天が一緒のシーン もっといっぱい見たかったなぁ・・・ *** 解説(「映画.com」より) *** 三浦しをんの同名ベストセラーを瑛太&松田龍平主演で映画化した「まほろ駅前多田便利軒」、その続編として製作されたテレビドラマ「まほろ駅前...
名コンビ再び~『まほろ駅前狂騒曲』 (真紅のthinkingdays)
 まほろ駅前で 「結構真面目に」 便利屋を営む多田(瑛太)の元に、中学時 代の同級生行天(松田龍平)が転がり込んでから早2年。世話焼きで誠実な多 田と、自由気ままな行天はそれなりに上手くやっていた。ところが、行天の元妻 ・三峯(本上まなみ)から 「娘...
「まほろ駅前狂騒曲」実の娘を預かった先にみた子供を守り切った父親としての自覚  (オールマイティにコメンテート)
「まほろ駅前狂騒曲」は2011年4月に公開された「まほろ駅前多田便利軒」の続編で、行天の実の子を預かる事になった多田と行天がある事件に巻き込まれていくストーリーである ...
まほろ駅前狂騒曲 (とりあえず、コメントです)
瑛太&松田龍平が便利屋として活躍するシリーズ第3弾です。 主演二人の仲の良さがそのまま現れているようなキャラクターが楽しくて、新作も楽しみにしていました。 原作よりはちょっと軽快なコンビが事件に巻き込まれていく物語は微妙なところもありつつも楽しめました~ ...
まほろ駅前狂騒曲 (映画的・絵画的・音楽的)
 『まほろ駅前狂騒曲』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)第1作の『まほろ駅前多田便利軒』を見て面白かったので、この作品もと思い映画館に行ってきました。  本作は(注1)、第1作と同様、まほろ駅前で便利屋を営んでいる多田啓介(瑛太)と、そこに転がり込んできた...